初めての海外旅行!英語ができない人がチェックするべきポイント

スポンサーリンク
 


仕事や人間関係でストレスが多い現代、海外旅行で気分転換したいという人は多いですよね。

海外旅行なら、日常の環境と全く違った非日常を楽しむことができます。

しかし、そこで気になるのは語学ではないでしょうか。

海外旅行の予定を立てたものの、英語ができないとなると、ちょっと不安です。

初めての海外旅行で英語ができないという人の準備として、今すぐできることにはどのようなことがあるでしょうか。

英語ができない人におすすめな海外旅行先

スポンサーリンク

英語ができなくても海外旅行は楽しめます。

ただし、旅行の計画を立てる時点で、海外旅行先を賢く選ぶことが、旅行を楽しめるかどうかのポイントになるでしょう。

英語ができない人が初めて海外旅行に行くときには、英語が話せなくても比較的意思疎通が容易な国を選ぶのがおすすめです。

◆ハワイ
英語ができなくても意思疎通ができる国や地域というと、まず、日本人に大人気のハワイ。

ハワイは、日本人観光客が多いので、とくに観光地では日本語がそのまま通じるところが多いです。

つまり、海外なのに日本語だけで不自由なく過ごすことができるんです。


◆旧英国領
その次におすすめなのは、旧英国領です。

イギリスやアメリカなどに行くと、相手は英語がネイティブですので、片言の英語では太刀打ちできません。

ところが、英語を第二言語としてマスターしている非ネイティブ圏の人々の英語は、ゆっくり話してくれるので比較的理解しやすいです。

中学生レベルの英語でも十分通用します。

旧英国領で日本から旅行しやすい地域として、シンガポール香港をおすすめします。
他にも、マレーシアも比較的おすすめの旅行先。

アジアでいうとミャンマーとインドも旧英国領ですが、海外旅行初心者にとっては、あまり旅行しやすい国とはいえません。

英語ができない人が入国審査で気をつけること

日本人の場合、英語ができないといっても、中学校で習うような最低限の英語は聞けばわかるという人が多いです。

英語ができなくても海外旅行中でなんとかなるシーンは多いのですが、注意したいのが入国審査です。

入国審査は、その国に入国するための審査ですので、ここで失敗すると入国を拒否される可能性もあります。

英語ができなくて入国を拒否されたという話は聞いたことがありませんが、スムーズに入国するためにもある程度は準備しておきたいですね。

入国審査で聞かれる事項は、ある程度パターンが決まっていますので、それを覚えておけばかなり気が楽になると思います。

入国審査での受け答えを予習しよう!

入国審査ではパスポートを審査官に提示します。
その後、聞かれる可能性が高い質問には次のようなことがあります。

“What’s your purpose to be here?” (入国の目的は何ですか?)

と聞かれたら、

“Sightseeing.” (観光です)と答えましょう。

“How long are you going to stay?”(何日滞在する予定ですか)

という質問には、

“5 days. “(5日間です)/ “1 week.”(1週間です)などと回答しましょう。

“Do you have a return ticket?”(帰りのチケットはありますか)

と聞かれることもあります。

その時は、”YES” と答えてくださいね。

ちなみに、帰りのチケットがないと入国を拒否されることもありますので、海外旅行のチケットは往復便でとっておくとよいでしょう。

英語が話せないとひとり旅は危険?ひとり旅で特に注意したいこと

初めての海外旅行でひとり旅をしたいという人もいるでしょう。

英語ができないからといって、ひとり旅は危険というわけではありません。英語ができてもできなくても、海外旅行の危険性に変わりはありません。

大事なのは、ひとり旅で海外に行くなら、しっかりと情報収集と準備をしておくことです。

(もちろん、複数人で海外旅行に行く場合にも、事前の情報収集や準備は大切です。)

危険なエリアはないかどうか、夜の一人歩きはできるかどうかなどをあらかじめ理解しておくことは、英語のフレーズを覚えるよりも大切なことかもしれません。

また、貴重品入れやデイバッグに関して、盗難に遭いにくいタイプのものを用意することも、旅でのトラブルを防止することになります。


まとめ

いかがでしたか?

英語ができない人が初めての海外旅行に行くときに気を付けたいことをまとめてみました。

英語ができないからといって、海外旅行が楽しめないということはありません。

しかし、せっかくストレス発散のために海外旅行に行くなら、しっかりと準備をしておくのがおすすめです。

海外は日本に比べると治安が悪い場所が多いですが、身の回りに注意しておくことで、トラブルに巻き込まれる危険性が小さくなります。

英語ができなくても、できる範囲のボキャブラリを総動員すれば、意外と理解しあえることもあるでしょう。

ぜひ思い出深い旅行にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。