今話題のダイエット法は筋トレ!?女性もボディメイクをしよう

スポンサーリンク
 


女性は、誰しもダイエットを試みたことがあると思います。

ダイエットで最初に考えるのは食事制限ではないでしょうか。

炭水化物ダイエットや、バナナやリンゴなどの置き換えダイエットなど…ダイエットの種類はたくさんあります。

ただ、効果は出ても一時的に痩せるだけで少し気をぬくとすぐリバウンドしてしまいます。

それは、偏った食生活のみで基礎代謝が上がっていないから

最近よく聞くボディメイクとは?

最近は「ボディメイク」という言葉が流行っています。

ダイエットとは少し違い、体重よりも見た目を重視したトレーニングです。

キュッと上がったお尻や、引き締まった二の腕や太もも。全体的に体のラインを女性らしい体つきにすることをボディメイクと言います。

たとえ、体重が減ったとしても背中の肉が残ってて猫背だったりぷよぷよとしたお腹周り、垂れ下がったお尻では綺麗なボディとは言えないですよね。

では、どうしたら見た目も綺麗で健康的にダイエットできるのでしょうか?

今回は、誰でも綺麗に痩せられる効果的な筋トレベスト3をご紹介します。

ダイエットで筋トレをしている女性は多い!?自宅で出来る筋トレ

スポンサーリンク

綺麗なボディラインをつくるためには、筋トレがもっとも効果的です。

でも、筋トレ用の道具を購入しても、買って満足して結局使わなかったり、家にあるからいつでもできると思って、ついついサボってしまったり。

ジムに行こうとしても、お金や時間に余裕がない…

でも、安心してください!

筋トレは道具や場所がなくてもいつでも簡単に始められるんです。
以下の筋トレは基本的なものですが、継続することできちんと効果が得られます。

① スクワット

「筋トレの王様」とも呼ばれるほどダイエットにはとくに効果的なスクワット。

スクワットは、腹筋を100回するよりも効果的だと言われています。スクワットは、体の中で一番大きな筋肉をトレーニングすることで、様々な部位にアプローチできるからです。

例えば、太もも、お尻、さらには腹筋にも効果があります。

ただし、正しいフォームでなければ効果は低くなってしまうので、正しいフォームを意識することが必要です。

〔スクワットの正しいフォーム〕

  1. 足は肩幅くらいに開く
  2. 手は、頭の上か前に出す
  3. 膝が爪先から出ないように、腰を落とす
  4. 必ず、背中は丸めないように

個人差がありますが、正しいフォームで行えば、早ければ一週間程で効果が徐々に現れてきます。

② 腕立て伏せ

ぷよぷよの二の腕は、夏のファッションには大敵です。
可愛いタンクトップや袖の短いTシャツなど、二の腕が気になってしまってはファッションの幅が狭くなってしまいます。

こちらもやみくもにするのではく、以下の方法で実践してみてください。

〔腕立て伏せの正しいフォーム〕

  1. 指を開き胸の位置に置く
  2. 肘は90度まで曲げる
  3. 目線は、地面ではなく前を見る

辛いと感じる場合は、膝をついて、腕立て伏せをしても効果は得られます。

③ 腹筋

女性が特に意識するのは、やっぱり「くびれ」

くびれがあるだけで、一気に女性らしさが増します。足が細くても、くびれがない体型では子供っぽく見えてしまうものです。

また、うっすらと筋が入った腹筋は同性の目から見ても美しいです。

腹筋で意識したいポイントは、
 ・起き上がるときに、反動をつけない
 ・ヘソを見て腹筋をする
ということです。

筋トレは、正しいフォームで行わないと全く効果はありません。
また、継続することに意味があります。

辛いからと諦めてしまわず、まずは少しでも効果が感じられるまで、ぜひ続けてみてください。

ダイエットで筋トレするなら食事も気をつけるべし

ただし、ダイエットには筋トレだけでは不十分です。

綺麗にダイエットするためには食事にも気をつけることが必要です。

この2つが揃わないと、高い効果は期待しづらいでしょう。

でも、夜ご飯は抜く、炭水化物は一切食べないなどの偏った食事は、もちろんNGです。リバウンドしやすい身体を作ってしまいます。

大切なことは、必ず、朝、昼、晩と3食きっちり食べましょう

食事を抜いてカロリーを摂取できずにいると、体は飢餓状態になり、次に体に入るものを一気に蓄えようと働いてしまうため、太りやすくなります。

また、全く脂質や糖質を取らないというのもダメなダイエットのパターンです。

脂質、糖質も体にとって必要な栄養素です。ダイエットを意識するなら、その摂取量を調整することが必要です。

具体的には以下の方法で調整が可能です。

お菓子をどうしても食べたいときには、果物などに置き換えることができますね。白ご飯は玄米などに変えることができますし、お肉は鶏の胸肉でも満足感を得られるでしょう。

さらに、夜8時以降にはできるだけ食事は控えましょう

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットしてはリバウンドを繰り返している人は、ダイエットの基本に立ち返ってみてください。

今回ご紹介した方法はいつでも、簡単にできることばかりです。

ただ体重を落とすだけではなく、健康的で身体のラインが引き締まった女性らしいボディを目指しましょう。

コツを掴めば大丈夫!!継続あるのみです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。