あなたに合うストレス発散方法を探そう!ストレスは万病のもと!?

スポンサーリンク
 


日々過ごしている中で、ストレスを感じない人はいるんでしょうか?どれだけ穏やかに過ごしている人でもストレスはあると思います。

ストレスは誰にでもあるものですが、そのストレスとどう向き合うかで日々の感じ方は変わってきます。

そこで今回は、ストレス発散方法を提案したいと思います。

ストレスが原因で腹痛や下痢になることも!?

スポンサーリンク

なんとなく調子が悪いなと思っても、体調不良なのか原因がわからないときはありませんか?

ストレスがたまっていると、それが原因で自律神経が乱れ、だるさやふらつくなどの不調が現れることがあります。

そのほかにも様々な症状あります。

お腹が痛くなったり、便秘気味になってしまったりといった身体に不調が出る人もいるのです。

お腹の痛みや不快感に、下痢や便秘を伴う症状が続く病気を過敏性腸症候群と言います。この病気は、ストレスで症状が悪化することから心身症の1つとされています。

発症する原因ははっきりとは分かっていませんが、何らかのストレスが加わるとストレスホルモンが脳下垂体から放出され、その刺激で腸がおかしくなり、発症すると言われています。

ストレスは日々溜まるものだからこそストレス解消法は簡単な方がいい!

ストレスが溜まると身体も心もしんどくなるので、溜めずに適度に発散することが必要です。

ストレス発散方法がわからない人のために、ストレス解消法を提案します。


1.適度な運動
有酸素運動は脳が刺激され、ストレスを和らげる効果があります。ゆっくりとした運動よりも、少し息があがるような有酸素運動をオススメします。

たとえば、ランニング、筋トレ、水泳や複数でできるテニスなどがオススメです。

そこまでのスポーツはちょっと…という方には、ウォーキングや縄跳びなども効果的です。


2.泣ける映画・ドラマ鑑賞

「涙活」という言葉もあるように、泣けると評判の映画やドラマ、マンガなどをみて、たまには思いっきり泣いてみましょう。

涙を流すと、副交感神経が優位になり、リラックスできます。


3.紙をビリビリに破く
こんなことで?と思う人もいるかもしれませんが、衝動に任せてビリビリ破くだけでも、とてもスッキリします。

破いた後は、捨てればいいだけなので、簡単ですぐにできるストレス発散方法です。


4.ぼーっとする

何もせずぼーっとしている時間があると、無駄な時間を過ごしてしまったと思う人もいるかもしれません。

しかし、脳にとってはこの時間が大切なのです。ぼーっとすることで、頭の中が整理され心に余裕が生まれます。

心に余裕が生まれることで、落ち着きを取り戻すことができ、集中力が高まり、ストレス軽減の効果もあります。


ちなみに、私のストレス発散方法は、歌うことです。
歌うと本当にスッキリして、なんだか楽しくなってきます。車の中で音楽をガンガンにかけ、人目を気にせず大声で歌っています。

家の中でも好きな音楽をかけ、歌いながら育児をしたり、家事をしています。

私は歌うことで気分をあげて、気持ちを切り替えています。

自分にもできそうなストレス発散方法が見つかったのではないでしょうか?
ぜひ、参考にしてみてくださいね。


まとめ

日々の生活の中でストレスはどうしてもくっついてくるものです。

今回は、そのストレスと上手く付き合う方法をご提案しました。自分に合うストレス発散方法を見つけて、脱ストレス!を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。