職場恋愛はなぜバレる?実は隠せてないかも!?

スポンサーリンク
 


職場恋愛に興味があったり、すでに恋愛中の人もいるでしょう。

漫画やドラマのような、大恋愛を職場で経験してみたい!などと、職場恋愛に憧れている女性は、実は多いのです。

どこで彼氏と出逢ったの?と聞かれて、「職場恋愛なんだ」と言ってみたい!

職場恋愛はまさに、恋に恋する女性の妄想で溢れているのです。

一日の大半は、職場の同僚と過ごします。異性がいれば、職場恋愛に発展するのはそれほど珍しいことではありません。

職場に好きな人がいると、それだけで毎日会える嬉しさがあり、仕事に対してもモチベーションが上がります。身だしなみにも一層気をつかうようになります。

恋する女性はいくつになってもキラキラ輝いて可愛らしく見えるものです。

そもそも職場恋愛が始まるきっかけは何!?

スポンサーリンク

職場には、上司、先輩、同期、後輩など、様々な立場の異性がいます。仕事仲間から恋愛の対象に変わるのはどんな瞬間なのか、気になりますよね。

それは、男女問わず、ギャップであることが多いと言われています。

普段は真面目な仕事モードの中、おっちょこちょいな一面をみた時や、同僚達との飲み会で普段とは違う優しい一面を見たときなどにドキッとしたりします。

また、男性は、飲み会の時の女性の仕草などをよく見ているものです。食べ物を取り分けてくれたり、グラスの中の飲み物ががなくなっていることに気づいてくれるような気の利く女性をアピールするうってつけの場が飲み会です。

一度意識してしまうと、毎日会う相手ですから恋に発展するのは、そう難しくはないでしょう。

職場恋愛の噂が流れたら気をつけたいこと

職場恋愛に、リスクはつきもの。

本人たちは上手く隠せているつもりでも、二人の空気感は周りにも伝わるものです。

恋にうつつを抜かして、大切な仕事でミスしてしまったり、集中してなかったりすると、周りに迷惑がかかるうえに、二人の印象が印象がそれだけで悪くなってしまいます。

職場恋愛がバレそうになった時には次のことに気をつけましょう。


 仕事とプライベートを区別する 
恋愛に限らずですが、仕事とプライベートは区別することが大切です。

真剣に仕事を取り組んでいる隣で、イチャイチャされてはたまったものではありません。それは休憩中だろうと、関係ありません。

できることなら、会社の中では彼は他人、と割り切る方が望ましいです。

 安易に教えない
職場の意中の彼と付き合えたら、嬉しくて色々な人に言ってしまいたくなりますが、それも止めておきましょう。

「内緒だからね!」と一人に言ったが最後。いつの間にやら、社内全体に広まっていることもあります。内緒、と言われると、ついつい言ってしまいたくなるのが噂話が好きな女子の特徴。

どこでだれが聞いているか分かりません。
一人に打ち明けるのなら、全員に知れ渡っても構わない覚悟で話しましょう。


気をつけていても噂が流れてしまったら…

知らないふりを、ひたすら通します。

ここで、ムキになってしまうと、余計に怪しくなっってしまいますし、人によっては冷ややかな目で見られてしまうでしょう。

噂が立っても普段通りに接することが一番です。

しばらくは、同僚たちは二人の様子を興味津々に見てくることがあるでしょう。そこで態度が変わってしまうと、その噂を肯定してしまうようなものです。

噂はいずれは消えるもの。
それまでは、極力二人での行動は控えましょう。

もしそれが上司の耳に入ってしまったら…

職場恋愛を認めている会社なら問題ありません。

でも、大抵はどちらかが部署異動になったり、最悪なケースでは片方が遠方へ転勤になってしまうことです。今までは毎日会えていたのに遠距離恋愛になってしまうことは、避けたいものです。

職場恋愛する場合は、予め二人で決まりごとを作ることをオススメします。

  • 職場では、他人のふり
  • 話す必要があるときは敬語で話す
  • 相手だけ特別扱いしない、など。


気をつけていてもどうしても恋人扱いが自然と出てきてしまう場合は、先にお伝えしたとおり、いっそのこと他人と割り切った方がお互い楽です。

また、バレた時の対応についても事前に話し合っていた方がいいですね。

とっさの判断でボロが出るよりも、前もってシュミレーションしておいた方が、もしもの場合でも平常心が保てます。


まとめ

いかがでしたか?
キラキラして見える職場恋愛は、楽しいことばかりではありません。

ですが、社内に恋人がいるだけでモチベーションがあがり、毎日の仕事を楽しくこなせるのなら職場恋愛も悪くはありません。

リスクもスリルと思ってさらに燃える人もいるでしょう。
職場恋愛している方も、片思いの方もぜひ参考にして見てくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。