会社で香水をつける時のマナーとは?できる女は香りから違う!?

スポンサーリンク
 


香水は女性にとってファッションの一部でもありますよね。
汗や体臭が気になるときにも、エチケットの一つの方法として、香水は便利です。

とはいっても、香水の匂いがきつすぎたり、TPOに合わない使い方は、かえってまわりに迷惑をかけてしまうこともあります。

特に、会社に入ったばかりの新入社員の場合、香水の香りのことで人間関係が悪くなっては大変です。会社で香水を使う時には、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

会社で付ける香水に関する「マナー」について、考えてみました。

オフィスでの香水がタブーな職場も

スポンサーリンク

会社で使える香水の選び方やマナーを紹介する前に、会社によっては香水そのものが禁止されているところもあるということを覚えておく必要があります。

例えば、営業職や接客業、飲食店などでは、基本的に香水はNG。
仕事上、人に会うことが多い職業では、香水はできるだけつけないのがマナーです。

中には臭いに敏感な人もいますので、このような職種にある人は、仕事のときは香水はあきらめた方がいいかもしれません。

仕事上での香水がタブーな場面とは

また、ご紹介したようなの職種ではない人も、会議や打ち合わせの予定がある日には、香水はあまり好まれません。

会議や打ち合わせは、比較的閉ざされた空間で行うので、匂いがこもりがちです。

自分にはいい匂いでも相手にとっては不愉快に思う香りかもしれませんので、香水の使用は控えるべきでしょう。

もう一つ気をつけたいのは、取引先の人などとの会食を予定している日です。レストランでは、マナーの基本として香水はつけないのが通常です。

とくに日本食の場合、高級なお店であればあるほど料理の微妙な香りを楽しみたいもの。

こういう場合は、あえて香水はつけないようにするのが、社会人としてのマナーといえるでしょう。

会社に香水を付けていくなら付け方に気をつけよう

上に述べたような状況を別にすれば、会社に香水をつけていくことは悪いことではありません。ただし、繰り返しになりますが、会社やオフィスにつけていってもいい香りとそうでないものがあります。

あまりにも匂いが強いタイプの香水は会社では浮いてしまいますし、他の人の仕事の妨げにもなりえます。

会社につけて行くなら、香りの控えめなオードトワレオーデコロンがおすすめです。

会社に香水をつけて行くときは自分としては少し物足りないかな、と思う程度にしておくのがコツです。
足首やスカートのすそなどにさりげなくプッシュしておく程度が無難でしょう。また、ハンカチにつけておくという方法もあります。

周囲からの評判◎オフィスで使える香水ベスト5

具体的にオフィスで使える香水をピックアップして紹介したいと思います。


1.ミラク(ランコム)
フレッシュな清潔感のある香りで、オフィスの香水としても使えます。ジャスミンをメインにしたフルーティーな香りに少しスパイシーさもあります。
誰にでも好まれるタイプの香りなので、会社でも浮きにくいでしょう。


2.ボディミスト ピュアシャンプー(フィアンセ)
せっけんの香りの香水ということで、初めての香水使いとしても使いやすいです。価格がお手頃なのもうれしいところ。
とにかく香りがやわらかで嫌みがないので、香水が苦手な男性からも評判がいいです。


3.クロエ(クロエ)
女性のあこがれでもあるローズ系の香水です。香水としてはロングセラーで、幅広い年齢層の人に使ってもらえる逸品です。


4.ミスディオール ブルーミングブーケ(ディオール)
上品な甘い香りが特徴の香水です。
会社につけるときは、ほんのり香るくらいの感じでつけましょう。
大人っぽい香りなので、デートの時にも使えます。
ボトルデザインは、風水の観点から恋愛運を上げる形になっているそうですよ。


5.エクラ ドゥ アルページュ(ランバン)
知的で上品なムスク系です。20代から40代まで幅広い年齢層に支持されている香水です。
可愛い感じでなく、大人っぽい雰囲気なので、その日のファッションもそれに合わせてみてください。繊細な香りが、上品さを引き立ててくれます。


まとめ

いかがでしょうか。
会社につけて行く香水おすすめと、香水使いのマナーについてお話ししました。

香水はファッションの一部ですが、使い方によっては他人にとって煩わしいと感じるものでもあります。
匂いケアのエチケットとして、控えめに使うことが、会社で香水を上手に活用するコツですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。