妊娠線を消す方法は?できてしまってからでも大丈夫?

スポンサーリンク
 


妊娠すると気になることの1つが妊娠線だと思います。

約7割以上の妊婦さんに妊娠線ができているとも言われています。

予防していも妊娠線ができてしまった妊婦さんもいるでしょう。

子どもを身ごもった勲章であるとはいえ、どうしても気になってしまいますよね。

夏は水着を着たりタンクトップやショートパンツを期待という人もいるでしょう。

女性なら誰しもそんな妊娠線を放置しておくというわけにはいきません。

できてしまった妊娠線を解消することができるのが気になりますよね。

そんな妊娠線を消すためにはどうしたらいいのでしょうか。

妊娠線に効くクリームは妊娠~〇〇後に使用するのがベスト!?

スポンサーリンク

妊娠線はどうしてできてしまうのでしょうか。

妊娠線は、急激に大きくなったお腹に皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてしまうことによってできる断裂跡のことです。

妊娠5カ月~7カ月でお腹が大きくなる頃にできやすくなります。

妊娠線の予防には保湿が効果的です。
また、保湿は、すでにできてしまった妊娠線のケアにも効果的です。

保湿には、妊娠線専用のボディクリームが市販でも売っているので使ってみるとよいでしょう。

妊娠線専用のボディクリームを使うことで、皮下組織などが傷ついた状態の皮膚をしっかりと潤してくれます。

使い続けることで徐々に改善していきます。

また、妊娠線専用のボディクリームは、妊娠中にも安心して使用できる成分です。そして、産後のお肌のケアにも、安心して使い続けることができるのでオススメです。

妊娠線ケア用のクリームとしてニベアは効果があるの?

ただ、妊娠線専用のボディークリームは、ドラッグストアで購入できるようなボディクリームよりも少々お高いものが多いです。

そこで、どこでも買えてお手頃なニベアのボディクリームもおすすめです。

妊娠線の予防やケアには、毎日保湿を継続することがもっとも有効です。

ニベアのクリームには、ミネラルオイルやワセリンなどの油分成分に加えて、スクワランやホホバなどの保湿成分が配合されています。

この保湿成分は妊娠線の予防やケアに効果的です。

また、ニベアのクリームに配合されている成分は妊婦さんが安心して使えるものです。

ただし、ニベアのクリームは妊娠線専用のクリームというわけはないので、やはり専用のクリームと比べると効果は劣るようです。

そのため、予防のために毎日塗っていても妊娠線ができてしまう妊婦さんもいるようです。

ただし、専用のクリームの効果はニベアよりも格段にアップしますが、こちらも必ず予防できるものではありません

いずれのクリームでも妊娠線ができてしまう可能性はありますが、ケアを続けている場合とそうでない場合とではお肌の状態は全く違ってきますので、やはりケアは怠らないことをおすすめします。


まとめ

妊娠すると、今までの自分とは違う体型になったり、嗜好に変化があったり、妊娠線ができたりと予測がつかないことばりかです。

妊娠線については、確実に予防できるわけではないですが、妊娠中からきちんとケアを続けることでキレイなお肌を維持することができます。

そして、産後も継続してケアしましょう。

そうすれば夏にはきっと自信を持って水着を着ることができますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。