うざい上司とはもう関わりたくない!我慢できなくなったときの対処法

スポンサーリンク
 


職場は色々な人がいますよね。

これまでも、学校など色々な集団生活を経験してきたと思います。

会社という組織の中でも、自分の苦手な人や嫌いなタイプがいたりすると一気に仕事がやりにくくなってしまったり、職場に行くのも嫌になりませんか?

それが、自分が望んで勤めている会社であれば、まだなんとか我慢できるかもしれません。

けれど、仕方なく生活のために勤めているなら、人間関係に問題があると本当に辛い!

社会人ならそれぐらいの理由で会社を辞めるわけにはいかなかったり、一人暮らしのために金銭的な事情ですぐに転職するのは難しい場合もあるでしょう。

今回は、少しでも気持ちが軽くなるように、嫌な上司への対処方法をまとめてみました。

対処方法を知って、少しでもストレスを軽減して仕事に励みましょう!

上司が嫌い仕事を辞めたいときに考えるべきこと

スポンサーリンク

早速うざい上司への対処の方法を見ていきましょう。


1.開き直ってみる
うざいと思われるほど嫌われている人間は、実はかまってほしいタイプが多いんです。

そんなタイプの上司の場合は思い切ってスルーしてみましょう。

あからさまに無視するのはおすすめしませんが、仕事に集中しているふうを装えば、あまり文句も言えないはずです。


2.いっそ仲良くしてみる
あなたがうざいと思っている人に対しては、他にも同じことを考えている人がいるはず。

つまり、敵が多い人間は味方が少なく、一人で孤独なことが多いのです。
それならば、いっそ仲良くなってみるのもアリかもしれません。

それができるなら、味方につけてしまえば、上司なのですから得をすることがあるかもしれません。


3.味方を見つける

先ほどもお話ししたとおり、あなたがうざいと思っているなら同じことを思っている人は近くにいるはずです。

それならその人を味方につけましょう!

同じことを思っている人同士で相談することでストレスを軽減できるかもしれません。

人に話すことはストレス発散になりますし、思いを共有できる仲間がいることは、とても心強いものです!

最後の手段は会社を辞めること

houchi300.png

それでも仕事を辞めたいほど上司がうざいなら、会社を辞めてしまうのも一つの手だと思います。

あまりにストレスが多い職場で働き続けるのは、最終的にはあなたのメンタルや身体にとってよくありませんから。

転職を決めたのなら、早めの行動がいいでしょう。
有給休暇がある場合は、その期間に転職活動をすることも考えてもいいでしょう。

仕事を失ってから新しい仕事を探すのは、金銭的な面でも不安があるはずですから、辞めると決めたらできるだけ貯蓄も必要ですね。

上司が嫌いでストレスがたまる人急増中!?

いつの時代も上司との関係に悩んでいる人は多いもの。

どんな職場にも嫌な上司って一人はいますよね。

では、直属の上司が嫌な場合で、そんな気持ちを職場では出せないとき、どんな対処方法があるのでしょうか。

おすすめは趣味を見つけることです。

毎日が仕事と家の往復になっていませんか?

休みの日は1日中家の中でダラダラ過ごしていませんか?

そんな人は趣味を見つけてみましょう。

会社が終わった後にジムに行って体を動かしてみる。

休みの日に料理教室に行く。

副業を始めてみる。

映画を見に出かける。

以上のように、自分が楽しめたり落ち着くことができればどんなことでもいいのです。

仕事以外にやりたいことを見つけて夢中になってみましょう。  

仕事のことも忘れて、夢中になれることを見つけられたなら、それはきっと日頃のストレス発散にもなるはずです。

休みの日に家にいるだけでは、仕事の嫌なことをふと思い出してしまいます。

  

まとめ

いかがでしたか?

どんな人でも職場に苦手な人や嫌いな人が一人や二人はいるものです。

それが上司となるとストレスは大きくなります。

嫌な人間がいるからといって会社をすぐに辞めてしまうことは難しいですが、無理をして仕事を続けようとすることで、あなたが精神的に参ってしまうのは我慢の限界がきているということです。

その場合は思い切って転職するというのもありでしょう。

ストレスがゼロというのは難しいと思いますが、できるだけ自分にとって働きやすい環境を見つけられるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。