結婚式のドレス、30代からは気品のある大人な装いにアップデート

スポンサーリンク
 


友人の結婚式に呼ばれることが多かった20代。

30代になって久々の結婚式!

でも20代の頃と同じドレスでいいの?
流行や体系なども変わって、「なんか変…」「ちょっと古いかも…」

せっかくの結婚式、30代ならではの気品のあるコーデで出席しましょう♪

30代ファッションの気をつけたいポイントはこちら。
おしゃれは30代からが勝負!30代女性のファッションコーディネート

結婚式のドレス、30代からのお呼ばれコーデ

スポンサーリンク

20代の頃のドレスといえば、光沢のある生地に透け感のある羽織ものや、スパンコール付きのストールなどが定番でしたね。

30代からはコテコテのドレスよりも少し肩の力を抜いたお呼ばれコーデがオススメ!

かといってカジュアルすぎるのはいけません。

もちろん、今も昔も純白はNG

逆に上も下も黒で統一してはお祝いの場にしては重たすぎます。

また、膝上のスカートや肌の露出が激しすぎるのも控えましょう。

どんなに足に自信があっても素足のままで出席するのはマナー違反です。

必ずストッキングは履きましょう。

30代からのドレス、具体的にどんなドレスがいいの?

20代の頃は何を着ても似合いますが、30代になってからは自分の体型が気になってくる人も多いでしょう。

ですから、30代からは好きなドレスよりも自分に合うドレスを選びましょう


1.ふっくらした体系をカバーしたい場合
思い切って肌を見せるのがポイント。

気になる部分はついつい隠したくなりますが、
逆に見せることでほっそり見えちゃうんです♪

首元はVネックのとろみのある素材がオススメ。
普段は隠しちゃう二の腕も思い切って出すことで
逆にスッキリすることもあります。

あまりにも隠しすぎると
かえって重たくなってしまうので要注意です。

もし袖付きを選ぶ場合は、
肘近くまでのものを選びましょう。
1番太い部分に袖があると
余計に強調
してしまいがち…!
思い切って出すか、
少し長めの袖を選びましょう。

袖付きのドレスを選ぶ場合は、
レース素材で肌の透け感を意識してみると
より大人っぽく決まります。


2.スタイルをよく見せたい場合

痩せて見えるように黒を選ぶ人も多いですが、
暗すぎるとお葬式の様になってしまいがち…

黒一色では重たくなるので、
アクセサリーやバッグなどを工夫して
黒だけで統一しないようにすると、
黒のドレスでも場違いにならず、
おしゃれにみえます。


3.Aラインスタイルのドレスを選ぶ場合

Aラインのドレスは可愛らしいですが、
大きく見えてしまいがちなので、
少し高めの位置にベルトを付けて
メリハリを出すとスタイルよく見えます。

Aラインのドレスはそのままでは
子供っぽい印象をあたえることもあるので、
コーディネートは慎重に考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。