早生まれは損しかない!?早生まれの気になるアレコレを紹介!

スポンサーリンク
 


子供ができると不安になることも多いし、わからないことは調べたくなりますよね。

今回は早生まれの子供について、お話ししていきます。

早生まれの子はかわいそう…

たまにそんな風に言う人がいますが、本当にそうなのでしょうか?

無事に産まれてきてくれるだけ十分ですが、そんなことを聞くと不安になったり、実際はどうなのか気になるものですよね。

早生まれの子は損なのか得なのか、メリット・デメリットについて考えてみます。

早生まれの人のメリット・デメリット

スポンサーリンク

まず、早生まれとは1月1日~4月1日までに生まれた人のことを言います。

そんな早生まれの人のメリット・デメリットをみていきます。

早生まれの人のメリット

まず、大抵の場合、早く幼稚園に行けるため、
育児の負担が軽くなるメリットあります。
育休中の人は、その分職場復帰も早くできます。

また、同じ学年の人よりも
年を取るのが遅い時期になるため、
みんなより若くいられるます。

年齢があがってくると、女性の場合は特に
歳を取るのが嫌になりますよね。

その面では、早生まれの人は
歳をとるのがみんなより遅くて
羨ましがられます。

みんなが三十路になっても、早生まれは
まだ20代なのですから。

また、一概には言えませんが、
定年が同学年よりも遅くなることで、
給料や退職金を早生まれではない人よりも
多くもらえる
ケースもあるようです。

ただし、社会全体として雇用の在り方が
見直されてきている今では
あまり関係ないのかもしれませんが…。

早生まれの人のデメリット

子供のうちは同学年の子と比べて身体も小さく、
発育が遅れているようにみえてしまいます。

早生まれの子供の場合は、
児童手当をもらえる時期が短いということも…

また、運転免許試験を受けれるのは
18歳の誕生日以降のため、同じ学年の人よりも
免許を取得できるのが遅くなってしまう
ということもあります。


メリット、デメリットをあげると、このようになります。
それほど特別なことはないように思いませんか?

早生まれは天才かも?頭がいい人が多いって本当?


教育現場では、早生まれは、学力面でも体力面でも幼く未発達だから、遅生まれの子よりも不利であると思われることがありますが、本当にそうでしょうか?

早生まれの子は遅生まれの子よりも早い段階で小学校で勉強できますし、そう考えると、脳が刺激されるは早生まれの子の方がはるかに早いですよね。

体力面についても、コミュニケーション力についても、早い段階で刺激をもらえるので、身につきやすいと考えることができるでしょう。

早生まれは天才、というよりは、小さい頃に他の子よりも早い段階で脳に刺激を受けはじめるので、頭がいいと思われるのではないでしょうか。

早生まれの子は頭がいいのかというと、当然のことですが「人による」ということになります。

つまりは、その子の努力次第ということですね。


まとめ

いかがでしたか?

早生まれは損なのかどうかについては、あまり必要ないのではないでしょうか。

早生まれの子も遅生まれの子も、みんな大切な子供たちです。

自分の子が早生まれだから…
なんて考えることは無用な心配です。

子供の可能性は計り知れません。

健やかにのびのびと成長できるように、温かく見守っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。