小学校に同じ幼稚園出身の子がいない…子供はそれでも大丈夫?

スポンサーリンク
 


子供が小学生に上がるときは、色々と心配な点が増えてきますよね。

初めての新生児はどう育てたらいいのか、また、叱り方などに悩みました。

保育園に入園するときは、
お友達ができるかな、
ママがいなくても大丈夫かしら、
と心配でしたね。

そして、今度は小学校への入学です。

ママの心配事は次から次へと増えるばかり。

これから進学する小学校に同じ幼稚園出身のお友達がいないとなると、子供が独りぼっちになるのではないかとさらに心配になりますよね。

これからの子供の小学校への入学を考えると、
入学してすぐに友達ができるのか、
自分自身も他の保護者といい関係が築けるのか、
…など悩みは尽きないものです。

今回は、少しでもそんな悩みを解消する手助けができればいいなと思います。

小学校を選ぶ時に幼稚園の友達は重要視する?

スポンサーリンク

小学校を選ぶ時のポイントとして、幼稚園の友達がいるかどうかについては、重要視しなくていいのではないか思います。

子供が寂しがるだろうという理由だけで、教育方針や雰囲気がいい小学校を、諦めるのは子供にとってもよくありません。

子供は親が思っている以上に順応力が高く、新しい環境にもすぐに適応します

小学校に同じ幼稚園の友達がいなくも、多くの子供はすぐに新しい友達をつくることができます。

また、保育園や幼稚園が同じだった友達がいない状態で入学してくる子供は、わが子だけではありません。

転校する子供の場合を考えてみるとイメージがつきやすいでしょう。

実際に子供はどう感じるの?

これは私の昔話になってしまいますが、私は小学校1年生の2学期に転校しました。

最初に入学した小学校には同じ幼稚園から来た友達がたくさんいました。

けれど、転校となると、新しい学校では知らない子供ばかりです。

しかし、新しい小学校ではすぐに友達ができました。

ですので、寂しいと思ったことは一度もありませんでした。

正直なところ、転校したときに寂しかった?と聞かれると、まだ幼すぎてどんな感情だったか覚えていないくらいです。

おそらく初めは寂しかったと思います。

でも、転校して友達もすぐにできて、新しい環境にもすぐに慣れたために、転校に対してネガティブな記憶が残っていなかったのでしょう。

私の経験上、子供は本当に順応性力が高いものです。

小学校の入学時に同じ幼稚園の友達がいるかいないかは、さほど気にする必要なないと思いますよ。

小学校と幼稚園のママ友関係はどう変わる?


子供が友達をつくると同様に、ママにとっても新しいママ友ができるかは、不安要素の一つであると思います。

会社勤めなどで働くママにとっては、さほど気にしない方も多いのかもしれません。

ですが、なんだかんだと付き合いが発生します。

子供が進学するにつれて、ママ友関係も変わってきます。

幼稚園のときのママ友関係より、小学校のママ友関係の方がはるかに付き合いが多くなることでしょう。

幼稚園のときは子供がまだ幼いので、ママにべったりというの場合が多いもの。

一方、小学校では幼稚園のときよりも学校での行事が多くなります。

また、保護者はPTA役員になることもありますし、それに伴うPTAイベントなど、いろいろと付き合いが多くなります。

幼稚園のときは子供だけで遊ぶことはあまりなかったかもしれません。

ところが、小学校からは子供達だけで遊ぶ機会が増え、友達の家にお邪魔することもあります。

そうなると、友達のママへご挨拶したり、お礼の電話を入れたりと付き合いが増えてくるのです。

このため、小学校のママ友とは連絡をとることが多くなります。

さらに、会う頻度は増えてきます。

小学校は6年間続くものですので、ママ友とは良好な関係を築いておきたいものです。

子供の友達が遊びに来たときの対応はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。
子供の友達に注意しづらい…家に来る回数を減らすにはどうする?

まとめ

わが子がどんな小学校生活を送るのか…
子供のためにもママ友関係もよくしなければ…
と小学校への入学前は悩みが尽きないもの。

私はどちらかというと楽観的な方なのかもしれませんが、十人十色という言葉があるように、子育てに関してはいろいろな意見があります。

不安なことは信頼できる人に相談して、小学校入学も明るい気持ちでスタートできるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。