引越しを甘く見ちゃダメ!?費用の総額、計算出来てる?

スポンサーリンク
 


初めての社会人、そして一人暮らし。
ドキドキやワクワクの新生活ですが、引越しってそもそもいくらかかるの?初めてのことでよくわからない引越し…

そんな新生活を支えるために一般的な引越し費用のことや安く引越しする方法をご紹介します。

初めての引越し!見積りはいつとるのがベスト?

スポンサーリンク

引越しの見積りをとるタイミングは大体1ヶ月前から、可能であればそれよりも早い方がよいです。
遅くとも2週間前がリミットとなるので計画的に物件探しを進めましょう。

早期に見積りをとるには理由とは

1つ目の理由は、余裕を持って引越し作業の計画や段取りを決めることができるからです。

ギリギリになってしまうと引越し業者の都合上、トラックが手配できない可能性が出てきます。これはどの引越し業者でも同じです。

2つ目は、見積もりがギリギリになればなるほど引越し料金が高くなってしまいます

同じ作業なのになぜ値段が高くなるの?と疑問に思うかもしれません。これはギリギリの引越し問い合わせに対応する手間賃のようなものなのです。

引越しの見積りをとるのが遅くなればなるほど別の現場に人員を回して早く終わらせたり、一時的な雇用により引越作業人員をまかなったりする必要が出てくるわけです。

引越しは、賃貸契約や新しい家具の購入などで想定以上に出費が嵩むものなので、引越しの計画を早めに進めることで少しでも費用を抑える工夫が必要です。

なお、引越しにかかる料金は、荷物の量により用意するトラックの大きさや移動する距離などでも変わってきまますが、具体的な金額は業者によりピンキリです。

引越しに特化した検索サイトで各社の見積金額を比較することも可能なのでうまく活用するとよいでしょう。

引越しの費用を安くしたいなら一人暮らしなら○○すればいい!?

引越し費用を安く抑えるには単身プランを選ぶとよいです。

引越し業者により名称は違いますが大手の業者では同じようなプランがあります。
通常はトラックで荷物を運びますが、単身プランだと大きなカーゴで荷物を運びます。

一人暮らしに必要な最低限の荷物しか積めませんが、引越し先に新しい家電や家具を運ぶような一人暮らしを新たに始める女性には十分でしょう。

安さの理由は、他人の荷物カーゴと混載してまとめて、1つのトラックで目的地が近い場所に運ぶためです。

また、学割プランなどもあるので、それらのサービスをあわせて利用するとさらに安くすることができるでしょう。

さらに、多数の業者に見積もりを出して比較したり、最初の荷物は必要最低限のものだけ揃え、新生活がスタートしてからその他に必要なものを時間や資金に余裕ができた時に購入することも引越しの最初の費用を低く抑えるコツです。

まとめ

いかがでしたか?
引越し費用を安く抑える方法が参考になったでしょうか。

初めてで分からないことだらけの引越しですが、早めに準備を始めること、そして事前にしっかりリサーチすることより効率的にかつ安価に引越しすることができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。