おでんの主役、大根は下ごしらえが重要!旨さの秘密、教えちゃいます!

スポンサーリンク
 


寒い冬になると鍋と同様に、おでんを食べたくなりますよね。

コトコト煮込んだおでんは味が染みていて、寒い季節には体にほっこり染み渡ります。

おでんの主役といっても過言ではない大根は、よく味が染みていると本当に美味しいですよね。

そんな味の染みた大根を自宅で作るには、どのように下ごしらえしたらいいのでしょうか。

おでんの主役、大根の下ごしらえについて、調べてみました。

実は、おでんでもダイエットできると知っていますか?
寒い冬にはコレ!おでんで効率よくダイエットして痩せた方法教えます!

おでんに使う大根は冷凍でも大丈夫?

スポンサーリンク

じっくりと煮込まれたおでんの大根は、本当においしいですよね。

しかし、芯まで染み込ませるためにお鍋をコトコト煮込み続けるのは意外と大変だし時間もかかります。

そんなときにオススメなのは、冷凍した大根です。

冷凍した大根で大丈夫なの?って疑問ですよね。

でも、実はおでんには冷凍した大根を使うほうがいいのです。

大根は冷凍することで、細胞壁にヒビが入り、煮込んだときに味が染み込みやすくなるのです。

では、冷凍大根はどのように準備したらいいでしょうか。

まず、大根を洗って皮をむき、適当な大きさにカットして冷凍するだけです。

この簡単な作業をするだけで、火が通りやすく味も染みやすい大根を作ることができます。

おでんの大根は下茹では必要?ちょっとの手間でさらに美味しく!

おでんに限らず、料理するときにはできるだけ早く仕上げたいですよね。

おでんの大根は下茹でしてからの方がおいしく作れます。

大根を下茹ですべき理由は、以下のような効果を期待できるからです。

  • 短時間で味がしみやすくなる
  • アクや苦味がとれ、大根に透明感が出る


また、下茹でするときに、
十文字の隠し包丁を大根の輪切りの側片面に1センチぐらいの深さで切り込みを入れると味がさらに染み込みやすくなるのでオススメですよ。

下茹でのポイントは、大根を下茹でするときに米のとぎ汁で下茹ですると大根の臭いやアクが和らぎます。

とぎ汁がない場合は、大さじ一杯くらいのお米をお茶のなどに入れて茹でたり、小さじ一杯程度の小麦粉や片栗粉を入れて茹でることでも代用できます。

そこまではいいかな…と思う方は、もちろん水から茹でてもOKです。

下茹でを短縮するために、電子レンジや圧力鍋を使うのもいいです。

下茹をするのは面倒ですが、ちょっとした手間を加えることによってさらに美味なおでんの大根がつくれます。

ぜひ試してみてくださいね♪


まとめ

寒くなる季節にはおでんは欠かせない鍋料理の一つです。

おいしいおでんを作るためにも、ぜひ惜しまず一手間加えてみてください。

今回ご紹介したように、冷凍した大根を使ってみたり、お鍋でコトコト煮込む前に大根を下茹でしてみたりと、しっかり味の染みたおでんの大根づくりに挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。