ストレスが蓄積して爆発寸前!!自宅で出来る解消方法とは!?

スポンサーリンク
 


今回は、仕事やプライベートや結婚などで、
悩みを多くストレスを抱える方に解消方法や
その危険性について調べてみました。

長引くストレスは体に毒!!頭痛やめまいが出てきたら危険信号!?

スポンサーリンク

ストレスが長引いていると感じる場合、
実は危険な病気も隠れていることもあります。
それは、自律神経失調症という病気です。

ストレスが長引くと、
頭痛やめまいが起こることがあります。

実は、自律神経失調症は症状の中に
めまいや頭痛が含まれており、
慢性的な症状が出ていれば
その可能性も否定できません。

では、一体どんな症状が起こるのでしょうか?

気分的な部分では、
イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、
やる気がない、
憂鬱、あせり、
感情の起伏が激しくなる
、などです。

自律神経とは、
身体や頭がアクティブに働くときに
優位になる「交感神経」と、
身体や心がリラックスしているときや
睡眠中に優位になる「副交感神経」があり、
体のさまざまな器官をコントロールする
神経のことです。

この自律神経の役割は、
体の調子を整えて
正常に働かせる
重要な器官
です。

この自律神経が、長いストレスに
さらされることで乱れてしまい、
先のような症状が出てしまうのです。

ここで、ある医学学会の
研究発表
をご紹介します。
「人はストレスがあっては
いけないと思いますか?」
との質問に対して、
「はい」と「いいえ」で答えた人について、
その調査から亡くなるまでの
データを取りました。

すると、驚愕の結果が出たのです。

亡くなる前年に酷いストレスを感じた人は、
死亡するリスクが43%も高かったのです。

これは、ストレスが体に害があると
信じていた人の結果だったのです。

さらにストレスは無害だと信じる人は、
酷いストレス状態にあっても、
ストレスにまったくさらされていない人と
ほぼ同等で
寿命も長くなっていました。

これは、つまり、
ストレスはダメだと感じることで
それが体に余計な負担になっていったのです。

この結果から言えることは、
たとえ、ストレスがあったとしても
ストレスはいけないと思い込まないことが
結果として安定した精神状態を保ち、
健康状態にも悪影響を与えにくい傾向が
あるということです。

ストレスフリーの意味を理解して、ストレスと上手に付き合おう

ストレスフリーとは、
その名のとおり
ストレスがない状態、
もしくはストレスを
上手に消化できていることです。

何か趣味や没頭できるものを見つけて、
上手くストレスを発散しながら、
生活していかなければなりません。

そんなストレス解消方法
ご紹介したいと思います。


適度な運動
これも人の体には大切な要素の1つです。
運動することで血流が良くなり、
自律神経が活性化され
よい働きをたくさんするようになります。

ストレス発散できる趣味
人それぞれ異なりますが、
カラオケに行って思いっきり歌ったり、
スポーツに挑戦してみたり、
何かに没頭することで嫌なことを忘れ、
ストレスを解消できる趣味を見つけることです。

自分がリラックスできる状態を知る
こちらも、人によって様々な方法がありますが、
自分らしく、そして無理なく暮らすためには、
ストレスを上手に
コントロールしなければなりません。
その対処方として、自分がリラックスできる
状態を見つけることが必要です。
例えば、少し遠出をして
美味しいものを食べに行ったり、
友人と思いっきり遊ぶことも方法の一つです。
星が好きな人の場合は
天体観測を楽しむのもいいでしょう。
今一度、考え直し見つめることで、
きっとストレスと上手く付き合えるはずです。



まとめ

毎日積み重なっていくストレスと
上手に向き合うのは、
人によってはとても大変なことです。

でも、そんな状態でもあまり深刻にならず、
自分と向き合い、
どんなライフスタイルが
自分にとってベストか、
どんな状態がリラックスできるのか、
などじっくり前向きに探してみましょう。

余計なことを考えず、
ちょっと考えながら散歩でもしてみたら
スッキリしてストレスとの向き合い方が
ひらめくことがあるかもしれません。

きっとあなたも大丈夫です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。