おしゃれな人とダサい人は何が違う?性格の違いかも?

スポンサーリンク
 


20代の若い女性というと、
「おしゃれ好き」というイメージを
持たれることが多いかもしれません。

でも、20代の女性みんながおしゃれが
上手なわけでもないですし、
おしゃれが嫌いな人もいますよね。

中には、ダサいと思われたくなくて
頑張っているけど
おしゃれするのに疲れてしまう…
なんて人もいるでしょう。

おしゃれな人とそうではない人というのは、
何が違うのでしょうか?
性格の問題なのでしょうか?


女性がおしゃれをしたいと思う心理とは?

スポンサーリンク

女友達と集まっても、おしゃれな人と
あまりおしゃれが得意でない人とに
分かれたりします。

でも、多かれ少なかれ、
女性にはおしゃれをしたいと思っている
人が多いようです。

女性がおしゃれをしたいと思う心理は
どのようなものなのでしょうか。

おしゃれ好きな人に、
おしゃれをする理由を聞いてみれば
いろいろな答えが返ってくるでしょう。
例えば、

・目立ちたいから
・自分に変化をつけたいから
・自分をよく見せたいから

などどいう答えが多いのかな、と思います。
女性がおしゃれをするとき、だいたいは、
自分をよく見せたい
変化した自分が好き

という心理が働きます。

さらに、女性のおしゃれには、
自分に対するコンプレックス
かかわってきます。

「自分をよく見せたい」
という理由とも近いですが、
自分に何かコンプレックスを
抱えているからこそ、
そこを隠したい、
もっとよく見せたい、
という心理が働くわけです。

つまり、おしゃれに力を入れている女性は、
それだけ自分に自信がない
ということなのかもしれません。

おしゃれをすると得をする?おしゃれのメリット10

逆に言えば「おしゃれって面倒くさいなあ」
と思っている人は、それなりに
自分に自信があるのかもしれませんね。

でも、おしゃれをすることには、
たくさんのメリットがあるんですよ。


1.コンプレックスを隠せる

おしゃれをする女性の心理のところで
述べましたが、
多くの女性はコンプレックスを
隠すためにおしゃれをしています。
太った人は細く見えるようなおしゃれを、
背が低い人は高く見えるような
ファッションを好みますよね。

このように、コツを学んで
的確におしゃれすることで、
自分のコンプレックスを隠すことができます。


2.自分を変えることができる

おしゃれとして身に着ける色や
コーディネートで
自分の気分が
変わるってこと、ありますよね。
自分がなりたいイメージのカラーを
身に着けるだけでも、
自分を変えることができますし、
フォーマルな装いをすれば、
シャキッとするものです。


3.お店での対応がよくなる

おしゃれをしていると、
ショッピングしてもレストランに行っても、
お店の人に良く扱われることが多いです。
お金を持っていそうに見える、
ということもあるかもしれませんが、
その場にふさわしい格好をすることで、
お店の人に歓迎されるというのも
一つの理由かなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。