知らないと損?!クレジットカードの解約方法

スポンサーリンク
 


すっかり普及したクレジットカードですが、
人によっては何枚も持っているけど
あまり使ってないなぁ、
というカードもあるかもしれません。

クレジットカードは
基本的には年会費がかかりますので、
使わないのであれば年会費を無駄に
払っているようなものですよね。

そこで、節約のためにも、
使わないクレジットカードは
解約するべきなのか、
という疑問が浮かんできます。

ただし、クレジットカードの解約は
慎重に行わないと、場合によっては
デメリットがあることもあるようです。

クレジットカードの解約方法も
あわせてご紹介します。

クレジットカードの解約方法

スポンサーリンク

まず、クレジットカードの
解約方法についてですが、
これは意外と簡単にできます。

カードの裏側などに記載されている
コールセンターに電話して、
解約を申し出るだけ
です。

電話するとコールセンターの
音声ガイダンスにかかるので、
それに従って操作し、
解約手続きを行えば完了です。

コールセンターは、
音声ガイダンスだけで処理が完了する場合と、
オペレーターと話をして
手続きしてもらうケースと2つに別れます。

この電話番号は、カード会社の
ウェブサイトにも記載されているはずです。
電話回線の混雑具合にもよりますが、
数分で手続きできるはずです。

クレジットカードの解約に期間はあるの!?

クレジットカードを解約するときに、
解約できない期間というのはありません。
極端な話、カードを作って
すぐに解約しても問題ないわけです。

カードを作るときには、
入会特典を目的に作る人もいるでしょう。
そのような人の場合、
カードが届いて入会特典をもらったら
すぐにでも解約したいと思うかもしれません。

それでも規約上は問題ないのですが、
作ったカードをすぐに解約することには、
デメリットもあります。

カード会社では、
カード発行にコストがかかっているので、
入会してすぐに解約する会員は
望ましくないわけです。

クレジットカードの入会や解約記録は、
ある一定期間
個人の信用情報として残ります

ですので、カードの短期解約を
繰り返していると、
次のカード申し込みの際に
審査に通りにくくなる可能性があるからです。

ですので、
入会したばかりのカードを解約するときには、
できれば1年間は待ってから
解約するほうがよさそうです。
2年目の年会費が引き落とされる直前
狙って解約するのがおすすめです。

クレジットカード解約のデメリットとは

上にも書きましたが、
クレジットカードの解約は意外と簡単です。
ただし、解約することに
デメリットをこうむることもありますので、
どのカードを解約するかは
慎重に決めるようにしたいものです。

まず、クレジットカードを解約すると、
当然ですがポイントは
すべて無くなってしまいます

ポイントが少しでもある人は、
解約前に確認して使い切るほうがよいでしょう。

また、カードによっては
海外旅行保険が付帯されているカード
あります。
このようなカードは、
解約してしまうと海外旅行保険を
別に購入しなくてはいけなくなるので、
海外旅行に行く予定がある人は、
保持しておくのがおすすめです。

クレジットカードを解約すると、
信用情報に傷がつくと
思っている人もいるようです。
しかし、解約するだけでは、
信用情報に影響があることはありません

ただし、先ほども言いましたが、
カードを作ってすぐに解約する
ということを繰り返していると、
短期解約の情報は残ってしまいますので、
将来カードを新規で作るときに
不利になることがあります。

カード会社によっては、
解約後一定期間は再度の加入ができない
規約で決まっているところもあります。


まとめ

クレジットカードの解約について
まとめてみました。

年会費をただ払っているだけなら
解約したほうがお得、
と考えるのは当然ですよね。
しかし、カードによっては
デメリットになることもありますので、
慎重に考えたいものです。

また、VISA、MASTER、JCBなどの
ブランドを選んで解約することもポイントです。
できれば、それぞれのブランドで
1枚ずつはカードを
残しておくのがよいと思います。

カードを解約すること自体はとても簡単です。

でも、解約してから「しまった」
なんてことにならないようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。