具合が悪いのは牡蠣のせい?牡蠣にあたるとどんな症状になるの?

スポンサーリンク
 


秋から冬にかけて美味しくなる牡蠣。
フライや蒸し牡蠣もいいですが、
なんといっても生牡蠣が好きという
人も
多いでしょう。

しかし、牡蠣はあたりやすい食材でもあります。
しかも生牡蠣の食中毒は、
かなり症状が激しいこともよく知られています。

冬の生牡蠣にあたりやすいのは、
どうしてでしょうか。
牡蠣にあたるとどのような症状が
現れるのでしょうか?

なぜ牡蠣にあたるの?その原因とは

スポンサーリンク

食中毒というと夏のイメージがありますが、
冬場でも特に生牡蠣が好きな人は
注意が必要です。

牡蠣にあたるのは、主にノロウイルスの感染
原因と考えられています。

牡蠣は海中のプランクトンを餌としています。
牡蠣がプランクトンを食べるとき、
同時に海水もいっしょに
内臓に取り込むことになります。
その海水中にノロウイルスが含まれていた場合、
ウイルスは牡蠣の体内に
蓄積されてしまうことがあるんです。

また、生牡蠣の調理過程において、
腸炎ビブリオ大腸菌などが
牡蠣に混入してしまう可能性もあります。

そういった経緯でウイルスや菌に
汚染された牡蠣を運悪く食べてしまった人は、
そのウイルスや菌に感染してしまいます。

その牡蠣を食べたすべての人が
発症するとは限りませんが、
体調不良のときや抵抗力の弱い人は、
発症しやすくなります。

牡蠣にあたると症状はどのくらいの時間続くの?

ノロウイルスに感染しても
すぐに症状が出るわけではありません。
その潜伏期間は、
およそ12時間~48時間程度といわれています。

ですので、
ノロウイルスに汚染された牡蠣を食べた場合、
半日~2日以内に症状が出てくる
ことが多いようです。

ノロウイルスの症状は
次のようなものが現れます。

・チクチク刺すような感じの腹痛
・吐き気、嘔吐、下痢
・発熱(38度くらい)
・頭痛
・脱水症状

特に、嘔吐と下痢を
激しく繰り返す人が多いです。

ノロウイルスの症状は、
通常1~2日くらいで症状が治まってきます

ただし、小さなお子さんやお年寄りなど、
抵抗力が弱い人は、
1週間くらい症状が続くこともあります。


ノロウイルス以外で牡蠣にあたることも
… 

冬場の生牡蠣であたるのは
ノロウイルスの可能性が高くなりますが、
ノロウイルス以外にも
牡蠣で食中毒を起こすこともあります。
貝毒腸炎ビブリオです。

ただし、貝毒は春から夏にかけて
あたることが多く、
潜伏時間が30分~4時間と短いのが特徴です。

一方、腸炎ビブリオ
7月~9月の夏に多発する食中毒です。
ですので、夏場の生牡蠣であたる場合、
腸炎ビブリオかもしれません。

牡蠣にあたってしまった時の対処法

牡蠣で食中毒を起こしている場合、
主な症状は激しい嘔吐と下痢です。

脱水症状を起こしやすくなっているので、
水分をこまめに補給することが重要です。

また、下痢がひどくても
下痢止めは使用しないようにします。
とにかく、体内の毒素を全部出しきることです。

吐き気がひどくて食欲がなくなるものですが、
無理に食べることはありません。
むしろ、胃の中を空っぽにして
胃腸を休ませることの方が大切です。

ただし、水分を摂ることも難しいというほど
症状が重い時には、
病院に行くことをおすすめします。


 ノロウイルスを拡散しないように注意! 

また、ノロウイルスは
感染力が非常に強いウイルスです。
接触感染飛沫感染空気感染
あらゆる感染経路で拡散する恐れがあるので、
注意が必要です。

病院へ行くときもマスクを着用して、
ノロウイルスを拡散させないようにします。

咳やくしゃみだけでなく、
患者が触ったドアノブや便座からも
感染することがあります。

患者を介助するご家族は、
普段よりマメに手洗いしましょう。


 牡蠣による食あたりを予防する方法 

冬の生牡蠣を食べるとき、
食あたりを予防する方法があるなら、
知っておきたいですね。

ノロウイルスは、
しっかりと加熱すると死滅します。
ですので、カキフライなどを食べる時には、
180度の油で4分以上揚げるようにします。

ノロウイルスの感染を防ぐには、
生牡蠣を避けることが一番の予防法です。

それでも、生牡蠣をどうしても食べたい
というときには、
必ず生食用を使うようにしてくださいね。
くれぐれも、
加熱用の牡蠣を生食してはいけません。


まとめ

牡蠣にあたる原因とその症状について、
まとめてみました。

美味しい生牡蠣ですが、
運悪くノロウイルスなどに
感染してしまうこともあります。

特に免疫力が落ちているときには、
発症しやすくなりますので、
体調次第では生牡蠣を避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。