夢の一人暮らし!憧れの都内に住むなら外せないポイントは?

スポンサーリンク
 


都内での一人暮らしに
あこがれる女性は多いものです。

自分もいよいよ丸の内のような、
スタイリッシュな暮らしぶりが実現できるかも!
とドキドキしているかもしれません。

でも、女性にとって、はじめての一人暮らしは
不安もたくさんあるものです。

今回は、憧れの都内で一
人暮らしするときのポイントと、
おしゃれな部屋作りのコツについて
ご紹介します。

都内での一人暮らし物件を探すときのポイント

スポンサーリンク

まず、都内で一人暮らしするとなると、
物件探しですよね。

住み始めてから「こんなはずじゃなかった」
ということがないように、
物件探しは慎重に行いたいものです。

都内での一人暮らし物件探しで
おさえておきたいポイントには、
次のようなことがあります。


1.完璧を求めすぎない 

憧れの暮らしは誰にでもあるものですが、
住みたいお部屋の理想が高すぎると
物件探しに難航することがあります。
すべての条件をクリアできる
夢のようなお部屋はないと
理解しておきましょう。

完璧なお部屋を求めすぎていると、
「ちょっといいかな」レベルのお部屋が
全部なくなってしまうこともあります。
これでは選択肢がかなり狭くなってしまうので、
お部屋探しでは多少の妥協も必要ということを
覚えておきましょう。


2.新築、築年数浅めだけで決めない 

特に初めての一人暮らしだと、
きれいなお部屋に住みたいという
気持ちが強いものです。
でも、だからといって新築や築年数で
部屋を決めるのはいかがなものでしょうか。

築年数が古くても、きれいに
リノベーションされている物件もあります。
また、新築や築年数が浅いお部屋は
それだけで家賃が高くなることもあるので、
実際に物件を見てから判断する方が
賢い方法といえるでしょう。


3.一階の部屋は避ける 

都内でも女性にとって治安のよい
エリアは
たくさんありますが、それでも女性の
一人暮らしは用心するべきでしょう。
一階の部屋では、どうしてもトラブルの被害に
遭う
危険性が高くなってしまいます。
特に女性が一人で住んでいると、
空き巣などの犯罪者に狙われやすくなりますし、
金銭でなくても下着が盗まれるというような
リスクも高くなってしまいます。


その他にも、物件探しには
いろいろと気をつけたいことがありますが、
最低でも上の3つのポイントは
おさえておきたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。