義理チョコなのに勘違い?ホワイトデーのお返しで貰いたいものは?

スポンサーリンク
 


バレンタインに職場でチョコを配るのは
毎年恒例、
という女性も多いと思います。

職場で男性社員みんなに配るわけですから、
当然義理チョコであると相手は
分かっているはず、
と思っていても
稀にカン違いする男性もいますよね。

例えば、義理チョコを渡した職場の男性が、
手作りでお返しをくれる…
なんて、ちょっと引いてしまいませんか?
そう思うのは私だけでしょうか?

手作りのホワイトデーお返しについて、
ちまたの女性はみんなどんなふうに
感じているのか、
調べてみました。

ホワイトデーのお返しに欲しいものは職場と本命で全然違う!?

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しは、
倍返しとか、3倍返しと言われますよね。

女性の本音とすると、
たとえ義理チョコでもお返しは欲しいものです。
(というか、お返しが見込めない
 義理チョコはありえない?笑)

しかし、お返しなら何でもいい、
というわけではありません。

本命の彼からなら何をもらっても嬉しいし、
おねだりもしやすいですよね。
でも義理チョコは、
正直言って無難なスイーツで十分と思っている
女性が多いようです。

スイーツでも無難なものとしては、
マシュマロ、クッキー、チョコレート、
マカロン
などがありますよね。
甘いものが苦手な人には、
お酒、ハーブティー、ハンカチやタオルも
人気のお返しアイテムです。

スイーツは食べれば
なくなってしまうものですから、

職場の義理チョコにはぴったりですよね。
変に気を遣うこともありません。

でも、お菓子でも手作りとなると話は別
という女性は多いんです。

ホワイトデーのお返しにまさかの手作り!?引く女性は何パーセント?

義理チョコの相手からのホワイトデーに
手作りのケーキやチョコレートとなると、
ほとんどの女性が引くようです。

本命ならまだしも、
義理チョコのお返しに手作りスイーツとなると
「なんだか怖いという女性も…。

その気持ち、よくわかりますが、
場合によっては手作りでも歓迎できる
ケースもあるようです。

1.もともと仲が良い料理上手な男性 
最近は男性でも料理教室に通う人もいますので、
料理が趣味、特技という人も増えています。
もし、その男性ともともと仲が良くて、
女友達のように親しくしている関係なら、
手作りでも歓迎できますね。
料理が得意ということなら、なおさらです。

2.付き合ってる彼氏 
すでに付き合ってる彼氏で、
お菓子作りが得意な人なら文句はないでしょう。
でも、ある程度の期間お付き合いが
続いている男性です。
付き合ってまだ日が浅いと、
手作りスイーツは、ちょっと「あれ?」という
感じになるかもしれませんね。

3.職業がパティシエ 
お菓子作りが職業の人なら大歓迎!です。
その人にとって手作りは
なんでもないことでしょうが、
プロの作ったものなら女性もうれしいですよね。

どうして男性の手作りスイーツはNGなの?

ホワイトデーのお返しに
手作りスイーツをもらったら引く、
というのは感覚的にはわかるのですが、
どうしてそんな風に感じてしまうのでしょうか。
ちょっと分析してみました。

料理は女性がするものという考え方は、
すでに古臭く感じるようになりましたよね。

これからは男性だって、
料理も育児もやってもらいたいものです。
ですから、料理が得意という男性が
女性にウケないわけではありません

でも、義理チョコのお返しに手作りというのは、
ちょっとヘビーな感じがします。

手作りスイーツを作ったことのある
女性ならわかると思いますが、
かなりの手間と時間がかかります

そこまでして手作りでお返しをくれる意図
は何なのか、
と戸惑ってしまうのだと思います。

それに、手間がかかっていることは
分かっていても、
美味しくないものは食べたくない、
というのが正直なところです。

だったら、手作りはいいから
その辺で買ったものにしてください
と思うのは私だけではないと思います。

これが本命の彼なら、
少しくらい見た目が悪くても美味しくなくても
「私のためにありがとうー!」
となるわけですが…


まとめ

いかがでしたか?
ホワイトデーのお返しとしての
手作りスイーツについてまとめてみました。

とはいっても、女性はホワイトデーのお返しに
手作りスイーツは望んでいません、
と本人には言いづらいですよね。

毎日顔を合わせる職場の人ならなおさらです。

もし、だれか男性が義理チョコのお返しに
手作りスイーツを用意しているかも、
という話を聞いたら、
同じ職場の男性にそれとなく
「手作りは女性は引く」ということを
ほのめかしてもらうというのも
アリかもしれません。

もらったときに、
社交辞令でも喜ぶふりでもしたら
来年も手作りスイーツの
お返しになりそうですから…笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。