歯列矯正の費用はどのくらい?大人でも間に合う?

スポンサーリンク
 


今回は歯列矯正について解説します。

歯並びなどが気になり矯正を考えてる…
でも矯正すると見た目もなんだか嫌だしできれば目立たない方がいい…
市販品も気になるけどよくわからない…

そんな方に必見の情報をお伝えします。

歯列矯正にマウスピースを使ってみたい市販品でも大丈夫?

スポンサーリンク

通常の矯正だと50万円程度とかなり高額な費用がかかりますが、市販品だとなんと3000円程度から購入できます。

では、市販品のマウスピースのメリットとデメリットはなんでしょうか?
調べてみました。

まず第一に、市販品のマウスピースは抜歯が必要となるような重度な矯正が必要な方は使用できません比較的軽度な方を対象として作られているのです。出っ歯、すきっ歯、八重歯などが気になる方が自力で矯正が使用できます。

また、以前に矯正の経験があるリバウンドの方もOKです。

効果には個人差がありますが、ある程度好評で人気もあるようです。もちろん大人でも使用可能です。


◆メリット

・クリアカラーなので目立ちにくい
・装着時間が短くて済む
・取り外しが自由に行える
・軽度であれば効果が期待しやすい
・費用がリーズナブル

◆デメリット

・個人差はあるが、かなり時間がかかる
・装着して歯を囲うため
唾液がつきにくく虫歯になりやすい
・装着感に違和感がある
・慣れるまでに違和感から
吐き気などが起こる場合がある
・定期的な消毒をしなければならない


メリット、デメリットはありますが、これは通常の矯正でも同じこと。
軽度な矯正であれば負担はかなり軽いと思います。

友達や同僚に歯列矯正を知られたくない!裏側からやる方法

矯正は目立つために抵抗があって諦めてしまう方も多くいますが、実は裏側からの治療を行うことも可能です。では、こちらについてもメリットとデメリットを見てみましょう。


◆メリット

・人目を気にしなくていい
・イベント時でも装着を気にしなくていい
・前歯を後ろに動かしやすい
・虫歯になりにくい


◆デメリット

・装着してすぐは話しづらく感じる
・食べ物が引っかかりやすく取れにくい
・舌を怪我をする場合がある
・高額な治療費がかかる(100万円代


治療の痛みについては
最初の数日だけという場合が多く、あまり問題ではありません。
治療期間は1年~3年ぐらいが目安です。

画期的な治療法ではありますが、高額な費用のために諦める人が多いのも事実です。通常の矯正よりも高い費用なので、手は出しにくいのですが、クリニックによってはローンなどの相談できるようで複数の歯科医院を調べてみた方がいいでしょう。


まとめ

市販品のマウスピースを利用した矯正や、歯の裏側から行う治療法をお伝えしましたが、軽度の場合はぜひとも市販品を試してみたいところ。時間がかかるのは難点ですが、価格は良心的です。

一方の裏側の治療については、高額ではあるものの目立ちにくく確実な方法。

あなたにとって最適な方法を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。