厚木鮎まつり大花火大会 2018 穴場やアクセスは?おさえておくべき情報!

スポンサーリンク
 


夏になるといろんな地域で開催されるお祭りや花火大会は、毎年どこも賑わっていて今年はどこに行こうかなんて迷ってしまいますよね。


夏に開催されるイベントは、友達やカップル、そして家族と、だれとでも楽しむことができるので、あちこちへ足を運ばれる方も多いのではないでしょうか。


今回は、そんな夏の風物詩とも言えるお祭りと花火大会が一緒に開催される、神奈川県の厚木鮎まつり大花火大会をご紹介します。


神奈川県のほぼ中央に位置する厚木市は、鉄道と高速道路のインターチェンジがあるので東京、名古屋方面からのアクセスが良い街です。


そんな厚木市で開催される厚木鮎まつり大花火大会は、前夜祭を含める3日間にわたって開催されるお祭りで、日中からたくさんの屋台が並び各種イベントで盛り上がっています。


そして、お待ちかねの花火大会は、中日の夜に開催され、およそ1万発もの花火が打ち上げられます。

厚木鮎まつり大花火大会 へのアクセス&日程&駐車場


まずは、厚木鮎まつりの概要についてご紹介します。

日程 2018年8月4日(土)

打ち上げ時間 19:00~20:30

専用駐車場 なし

アクセス 神奈川県厚木市金田982周辺


厚木鮎まつり花火大会は、毎年8月の第一土曜日に開催されます。


荒天の場合は、翌日の日曜日に延期となります。


花火大会は相模川・中津川・小鮎川の3つの川が合流する地点で行われます。


JR相模線厚木駅から徒歩15分、小田急小田原線本厚木駅から徒歩10分
の河川敷です。


また、露店など本厚木駅の北側エリア一帯で楽しむことができます。


専用の駐車場はありませんが、有料の厚木中央公園地下駐車場や中町立体駐車場などの駐車場を使うことができます。


他にも本厚木駅周辺のコインパーキングがありますが、花火大会当日は大変多くの人が利用するので当然なかなか空きを見つけるのは難しいです。


会場は
本厚木駅から徒歩数分となっているので、電車でのアクセスをおすすめします。


また、打ち上げ時間には大混雑が予想されます。


ですので、
お昼頃には会場に入っている方が安心です。


お車でお越しの方は、17:00~22:00にかけて、会場周辺で交通規制がかかるのでご注意ください。


混雑覚悟で車でのアクセスを検討されている方は、本厚木駅の一駅隣、海老名駅などの周辺の駐車場に車を止めて来る方がよりスムーズです。

夏といえば、BBQ、海、夏祭り、花火大会…夏にはイベント事がたくさんありますよね。そして、花火大会といえば…浴衣!女性なら1度は着たい浴衣。男性なら1度は彼女に来て欲しい浴衣。今回は花火大会で着る、浴衣について調査してみました。

厚木鮎まつり大花火大会の見どころ

スポンサーリンク


どの時代でも人を集めるお祭りはたくさんの露店や浴衣姿で賑わう人々など、その雰囲気が好きという方も多いのではないでしょうか。


また、お子様にも大人気の戦隊ヒーローショーやアイドルのライブなどの各種イベントも開催されますが、やはり見どころは花火大会です。


厚木鮎まつり大花火大会は、毎年約50万人もの人が1万発もの花火を堪能しようと訪れます。


たくさんの人々を魅了する花火大会は連続して打ち上がるスターマインで始まります。


そして大迫力の大玉や創作花火など、一息つくことなく次々と打ち上がる多彩なプログラムとなっています。


そして、一番の見どころとして相模川を横断するように設置された県下最大級のスケールを誇る、
大ナイアガラがフィナーレを飾ります


川にナイアガラの火花が散る姿はとても美しく、来年もまた来ようと思わせてくれます。


河川敷で開催されるので視界がよく、たっぷりと花火を堪能することができます。


もちろん鑑賞エリアとして一番人気なので、
16:00以降には入場制限がかかってしまうほど大混雑します。


当日の早朝から場所取りが行われており、昼頃にはほとんどシートで埋まっている状態です。


河川敷で花火を堪能したい方は早めの行動が必要です。

花火大会を見に旅行に行くとき、浴衣を持っていきたいけど結局諦めてしまった…そんな経験がある方もいますよね。でも、せっかくの花火大会、旅行先で普段とは違う装いをしたいですよね。今回は、旅行先で浴衣を着るための上手な荷物のまとめ方です!

厚木鮎まつり大花火大会でおすすめの屋台情報


焼きそばにかき氷にチョコバナナなど、屋台がたくさん並んでいるのを見ると、いくつになってもテンションが上がりますね。


厚木鮎まつり大花火大会が盛り上がるのは花火が上がる夜だけではありません。


お昼から
本厚木駅の北側エリア一帯でたくさんの屋台を楽しむことができます


「雰囲気が好き」「食べ歩きが好き」と屋台目的の方も多いのではないでしょうか。


また、厚木市役所の正面にある厚木中央公園では、屋台だけでなくステージイベントも楽しむことができます。


アイドルのライブや戦隊ヒーローショーなどお子様も喜んでくれそうなイベント盛りだくさんです。


花火が始まるまでの時間を、お腹と心を満たしながら待つことができます。


1日目の前夜祭のみ厚木公園と花火大会の会場で出店が並びます。


そして、2日目からは厚木中央公園、厚木なかちょう大通り、厚木一番街通りを中心に屋台が並んでいます。


屋台はお酒に合うおつまみからお腹をいっぱいに満たせるご飯もの、そして欠かすことのできない甘いものの数々が出店されています。


お祭り定番の金魚すくいや射的などもあるので、子どもから大人まで楽しむことができます。

厚木鮎まつり大花火大会は前夜祭から楽しむべし


花火の打ち上げ前日の金曜日には厚木中央公園で前夜祭が開催されます。


本番前の余興である前夜祭は、出店の数も少なくある盛り上がりもある程度と予想されます。


しかし、一味違う厚木鮎まつり大花火大会の前夜祭は、
無料のロック・フェスが開催されるのです。


地元の若い有志たちが集まり一年がかりで企画されるフェスは、若者やご年配にウケるアーティストの出演が毎年楽しみにされ人気を集めています。


音楽やフェスが好きな方にとっては無料で楽しむことができて嬉しいですよね。

まとめ


厚木鮎まつり大花火大会は花火が打ち上げられる夜はもちろん、前の日の前夜祭から楽しむことができるお祭りです。


また、ゆっくり花火を満喫したい方は、有料のエキサイティングシートを購入してみてはいかがでしょうか。


7月上旬より全国のセブンイレブンで受付が開始され、1席2,500円で購入することができます。


また、小さなお子様がいる方も、席を使わない場合は3歳以下のお子様は無料で利用できます。


暑さ対策を忘れずに、当日は混雑が予想されますので余裕を持って行動しましょう。

仙台七夕祭りは、東北三大祭と呼ばれる夏の一大イベントです。仙台市内が七夕の飾りであふれ、開催の前日の夜には、仙台七夕花火祭が行われ、仙台の夜空が1万6000発の花火で彩られます。仙台の夏は何といってもお祭り!七夕飾りと花火で満喫しましょう。
女性の場合、結婚や引っ越しを控えていると、その前に仲のいい女友達と旅をしたい、という人もいるでしょう。夏休みを利用して海外旅行に行く場合、どこに行くのがおすすめでしょうか。夏の海外旅行先として、おすすめな国と場所をピックアップしてみました。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。