ハワイで日焼け止めが禁止!?ハワイでの日焼け対策はどうするべき?

スポンサーリンク
 


2018年7月、驚くべきニュースが流れました。


なんと、アメリカのハワイ州において、日焼け止めの販売を禁止する法案が可決されたのです!!!


これからハワイ旅行を計画している人もかなり驚いたのではないでしょうか?


これはいったいどういうことなのでしょうか?


日差しの強いハワイへ旅行に行っても、これからは日焼け止めクリームを使うことはできないのでしょうか?

紫外線の季節に日焼け止め対策を行うのは世の女性の常識、と思っていませんか? 海外の女性からは、一生懸命紫外線対策をしている日本人女性は滑稽に見えることもあるのだとか。日焼け対策について、日本と海外での反応の違いについてまとめてみました。

ハワイで日焼け止め製品が販売されなくなるってどういうこと?

スポンサーリンク


まず、今回のニュースの内容を整理してみましょう。


2018年7月3日、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が日焼け止めを禁止する法案に署名したことにより、アメリカで初めてこの法案が可決されました。


この法案の施行は、2021年1月1日からです。


今回の法案可決によって禁止の対象となる日焼け止めは、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めです。


病院で処方された日焼け止めは対象外であり、また、観光客がハワイに持ち込んだ日焼け止めまでは規制できないとされています。


米ハワイ州議会は3日までに、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めの販売を禁止する法案を可決した。成立すれば、米国では初めての措置となる。


可決された法案は、成分にオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる日焼け止めを、免許を持った医師の処方箋(しょほうせん)なしで販売したり流通させたりすることを禁止する内容。イゲ知事の署名で成立すれば、2021年1月1日から施行される。


非営利の学術団体によると、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートは、ハワイの海洋環境に重大な被害をもたらす原因になっている。


CNNより引用

サンゴ礁に有害な影響がある成分ってなに?


サンゴ礁への有害な影響が指摘されているのは、紫外線をカットする成分であるオキシベンゾンオクチノキサートです。


今回の法案可決では、これらの成分が含まれている市販の日焼け止めの販売・流通がハワイ州において、2021年から禁止になるということです。


このオキシベンゾンとオクチノキサート、実は現在出回っている大部分の日焼け止め製品に含まれているらしいんです!


この法案の起草に関わったある学術団体の調査では、以下のような結果が出ているとのことです。

オキシベンソンとオクチノキサートの成分がハワイのビーチに訪れている多くの観光客の肌から流れ落ちる、もしくは排水処理施設などから海へ流れ出て、サンゴの白化現象や遺伝子損傷の原因となっている。


そして、最終的にサンゴを死滅に追いやっている。


実は、ハワイ州では以前からサンゴへの有害な化学物質の汚染が進んでいました。


そのため、日焼け止めの成分が問題視されていましたが、ハワイの美しいサンゴ礁を守るため、多くの環境保護団体が動いていました。


また、オキシベンゾンはとくに幼生サンゴにとって毒性強いとされているので、
日焼け止めの成分が海へ流れ出ることにより、サンゴの新しい世代が成長することができず、サンゴ礁が縮小へと向かっていると言われています。

今後のハワイ旅行では日焼け止めは使えない?持ち込みも禁止されているの?


ハワイは世界中の観光地の中でもトップの人気を誇り、世界中から多くの観光客が集まっています。


今もなお、ハワイへの観光客は増加の一途をたどり、その分ビーチを利用する人の数も毎年増えてきています。


そんな中、今回の法案可決に対しては反対意見も多数あるのが事実です。


というのも、今回禁止された日焼け止め成分は、強い日差しや紫外線に対して安全かつ効果的であるとされる2つの成分であるためです。


ハワイの紫外線は本当に強くて、紫外線の量は日本の2〜3倍、多いときでは10倍とも言われています。


ですので、ハワイでは、しっかり日焼け止めを塗っていても数日外にいれば、あっという間にこんがり小麦肌になるほどです。


また、法案可決の根拠となった調査結果についても、先程ご紹介した調査結果のみとなっており、たった一つの調査結果だけで決めてもいいのか、と疑問視する声もあります。


さらに、現在出回っている多くの日焼け止め製品が使用できなくなるということは、人々の皮膚ガンのリスクをますます増大させると危惧する声もあるのです。

気候が暖かくなると、女性にとって気になるのが紫外線です。外出が増えると、シミ対策も気になるところ。しかし、同じように紫外線にあたっていても、シミのない人もいたりしませんか。シミのない人というのは、どのようなお手入れをしているのでしょうか。

2021年以降にできるハワイでの日焼け対策


では、2021年以降にハワイに旅行するとしたら、どのように日焼け対策を行えばいいのでしょうか?


対策1) オーガニック素材の日焼け止め製品を利用する

今後、ハワイでも使用可能な日焼け止めとして、オーガニックオイルやクリームなど100%自然素材の日焼け止め製品が挙げられています。


たとえば、赤ちゃんや敏感肌の人でも利用できるような安心素材の日焼け止めですね。


ブランドで言うと、ヴェレダなどのオーガニックブランドが有名ですね。

対策2) サングラスや帽子を活用する

サングラスや帽子での日焼け対策も効果的です。


ハワイで日傘を指している日本人や韓国人の女性もたまに見かけるのですが、南国ハワイでの日傘はやはりどうしても浮いてしまいます


ですので、ハワイに行くならサングラスや帽子も持参する、もしくは現地で調達するようにしましょう。


ファッションとしても楽しむ
のがコツです。

対策3)飲む日焼け止めサプリメントを利用する

先にご紹介した日焼け止めクリームやオイルは、海に入ると流れ落ちてしまいますし、帽子やサングラスをつけたまま海に入ることもできませんよね。


そこで効果的なのが、飲む日焼け止めサプリです。


まだ、あまり馴染みのない方も多いと思うのですが、飲む日焼け止めサプリはメリットがたくさんあります。


たとえば、外出前に日焼け止めを塗るのは一定の時間がかかりますが、飲むサプリなら一口飲むだけでOK。手軽に始められます。


また、日焼け止めが合わなくて肌トラブルを起こすこともありません


さらに、持ち運びも便利で、空港の手荷物検査でも引っかかることもありません。


とくに、マスターホワイトは、お肌の調子がよくなって化粧ノリもよくなったという人が多く、私も実感した一人です。


マスターホワイトは、エイジングケアにフォーカスした日焼け止めサプリなので、20代後半からの女性にはとくにおすすめです。


安全検査もばっちりなので、毎日安心して飲むことができます。


効果を感じるまでには少し時間がかかりますが、しっかりと日焼け対策をしておきたい人には、日焼け止めクリームやサングラス、帽子などと併用することでさらに効果を高めてくれます。


早く飲み始めるほど早く効果を実感できる
ので、日焼けしにくい強い肌を手に入れたい方はぜひチェックしてみてくださいね。



あこがれのハワイで挙式となると、準備をするのも楽しいですよね。でも、ハワイは日差しが強いことでも有名です。こんがり小麦色の花嫁姿は避けたい…という人も多いでしょう。ハワイの日差しに負けない日焼け対策は、どんなことを行うべきなのでしょうか。

まとめ


いかがでしたか?


今回の法案可決により、2021年からハワイでの市販の日焼け止めクリームなどが使用できなくなるので、不安に思う方も多いと思います。


また、環境保護の波が加速し、これが世界的な動きになって日本にも波及するのでは、と心配する人もいるようです。


でも、大丈夫です。


今回ご紹介したような日焼け対策を普段から行うことで、お肌を守っていくことができますし、日焼け止めクリームを選ぶ視点を紫外線のシャットアウトからお肌への優しさへシフトすることもできます。


このニュースを機に、日頃のスキンケアや日焼け対策を見直してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。