富士山の登山を女性の体力で乗り切るためには?彼氏との登山で気をつけたいこと

スポンサーリンク
 



近年は男女問わず、健康志向の高い人が増えていますよね。


健康食品やオーガニック食品のような食事管理だけでなく、ジムに通ったり、マラソンに挑戦したりと身体を動かし、健康な身体を作っていこうという人も多くみられます。


ですが、ただ運動をするにしても、時間もお金もかかるので、なかなか実行できない人が多いのも現状でしょう。


20代後半、体型も維持したいし、仕事も忙しく食事にも十分には気が回らない、でもなかなかスポーツに踏み切れない人も多く、運動嫌いならなおさらですよね。


あなたも日々仕事が忙しい中で、なかなか時間にも余裕がなく、何かきっかけがないとスポーツやアウトドアに挑戦できなかったのではないでしょうか。


今回は、富士山への登山に挑戦するには、女性にとってどのくらい体力が必要なのか、調べてみました。

普段運動しない人には富士山はハードルが高すぎる!?


付き合っている彼の誘いで山登り!


素敵なきっかけですよね。


ただ、いきなりの富士山はハードルが高いのでは、と不安になるのも当然です。


そんなあなたでも登山を乗り切るために必要なことって一体何でしょう?


と言っても、やはり
最低限の体力作りをしてから臨むべきです。


長期戦になる山登りなら、まずは
有酸素運動が大切でしょう。


また、
水泳は全身を使うスポーツであり、筋力をアップさせると共に強い心臓をつくることができます。


短期間で鍛えるには目的をしっかり定め、鍛えたい部分を意識すべきです。


何も考えずにただ運動しても、なかなか思い通りの筋力アップには繋がらないでしょう。

30代ともなると痩せにくくなってきた、と感じるようになりますね。それまでは、食事を少し我慢すれば体重が減ったのに…という人も多いでしょう。30代からの健康的なダイエットには、運動が欠かせません。そこで、30代からのダイエットには、どんな運動メニューがいいのかまとめてみました。

富士山への登山は体力がない人でも大丈夫?

スポンサーリンク


あなたにできる限りの準備をしたなら、あとは登るだけです。


トレーニングを行っても体力ってそんな急にはつきません。


でも、努力した分だけ自信にはなっているはずです。


前向きに進んでいくだけです。


精神論みたいな話にはなりますが、でも
前向きな気持ちでいることって本当に大切です。


不安がっていたら、余計不安が大きくなる。人って案外そんなものです。


彼もついていてくれるし、初心者であることも承知のうえなので彼を信じて頂上を目指しましょう。


あとは
無理をしないこと


「おいていかれるかも」と無茶をしたり、上級者の人について行こうとスピードを上げ過ぎてしまうと逆効果です。


すぐにバテテしまい、休憩時間が増えてしまったり、筋を痛めたり、足をひねったりと、むしろ彼の足を引っ張ることになってしまうかもしれません。


初心者は初心者なりで大丈夫
なのです。


マラソンなどにも言えることですが、よっぽどトレーニングされている人でなければ、
終始同じペースで淡々と進んでいくことが一番の鍵です。


早くなったり、遅くなったりすると余計疲れてしまい、悪循環になってしまうかもしれません。


ペースが変わるときがあるとすなら、開始20~30分程度は気持ちゆっくりめで身体をあたため、その後は無理のないペース変化を持たせず進んでいくとよりよいでしょう。

暖かくなってくると、さっそくキャンプの計画を友達と相談中なんて人も多いのではないでしょうか。でも、お化粧が気になるという女性は少なくないようです。キャンプにすっぴんで行くのは、どうなのでしょうか。日焼け対策はどのように行うべきでしょうか?

登山前日の準備運動はどのくらいする?その他の注意点は?


登山前日は睡眠をしっかりとり、身体をしっかり休ませてあげること
が重要です。


また、
食事は糖質を蓄えられるものがよいでしょう。


登山中に手早く口にすることができる、飴やチョコレートなども忘れず準備しておくとよいでしょう。


また、水分補給も大切なので、
登山中のことを想定した荷物を準備しなければなりません


前日は不安もあると思いますが、トレーニングは控えましょう。


ストレッチ程度ならいいかもしれませんが、あまり身体を動かし過ぎるとかえって疲れた状態で登山しなければならなくなります。


それに加えて、前日の運動によって身体が故障してしまっては、せっかくの今までの努力が台無しです。


前日と言わず2~3日は過度なトレーニングは控えましょう。

富士山での登山に向けて


いかがでしたか?


登山当日までは、不安はゼロにはならないかもしれませんが、せっかくの彼からのお誘い!


頂上で彼と見る素晴らしい景色を楽しみに変えて、臨んでみてはどうでしょうか。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。