仙台の七夕祭りは花火がポイント!夜空を彩る花火を満喫しよう!

スポンサーリンク
 



仙台七夕祭りは、青森ねぶた祭、秋田竿灯まつりとともに、東北三大祭と呼ばれる夏の一大イベントです。


仙台市内が七夕の飾りであふれ、市内のみならず全国から観光客も多く集まって賑わいます。


例年8月6日から8日の3日間行われますが、開催の前日8月5日の夜には、仙台七夕花火祭が行われ、仙台の夜空が1万6000発の花火で彩られます。


仙台の夏は何といってもお祭りです!


七夕飾りと花火で満喫しましょう。

仙台の七夕祭りの来場者数や混雑状況は?

スポンサーリンク


仙台七夕は、仙台藩を開いた伊達政宗公によって奨励されたのが始まりと言われています。


昨年の仙台七夕祭りの様子をご紹介しますね。


もともと旧暦7月7日に行われていたものですが、現在は月遅れの8月7日の前後3日間に行うことになっています。


今年、
2018年も8
月6日から8日の開催となっています。


市内および全国から多くの観光客が集まってくるので、
大変混雑するお祭りでもあります。


他の東北三大祭りの
青森ねぶた祭、秋田竿灯まつりもほぼ同時期に行われるため、三大祭りを一緒に回るような観光ツアーもたくさん開催されています。


仙台七夕まつり協賛会の発表では、2017年のは3日間で178万6000人の人出があったようです!


2015年と2016年は200万人以上の人出があったとのことなので、曜日の関係などで若干の違いはあるかもしれませんが、かなりの混雑が予想されます。

花火大会を見に旅行に行くとき、浴衣を持っていきたいけど結局諦めてしまった…そんな経験がある方もいますよね。でも、せっかくの花火大会、旅行先で普段とは違う装いをしたいですよね。今回は、旅行先で浴衣を着るための上手な荷物のまとめ方です!

仙台七夕花火祭も見たい!


前夜祭的な意味合いを持つ
仙台七夕花火祭は、2018年8月5日に開催される予定です。


七夕祭りは全国から観光客が集まってきて賑わうイメージですが、花火祭の方はどちらかというと
市民のお祭り的なイメージがあるようです。


こちらも、例年50万人ほどの人出があるようです。


有料の観覧席もあるようですが、事前の予約が必要です。


ゆっくり座ることができたり、テーブルが利用でき、とっても便利なため、毎年大人気ですぐに売り切れてしまうようですよ。


もちろん、無料の観覧席もあります。


七夕祭りも七夕仙台祭りも、例年交通規制が行われていますので、お出かけの際は公式ホームページなどで確認しておいたほうがよいでしょう。

>>仙台七夕まつり 公式ホームページ


自家用車を乗り入れるよりも、できるだけ
公共の交通機関を利用したほうがよいでしょう


市内のバスもお祭り期間に運行状況が変更されることがあるようなので、そちらも注意が必要です。

夏といえば、BBQ、海、夏祭り、花火大会…夏にはイベント事がたくさんありますよね。そして、花火大会といえば…浴衣!女性なら1度は着たい浴衣。男性なら1度は彼女に来て欲しい浴衣。今回は花火大会で着る、浴衣について調査してみました。

 

仙台の七夕祭りは吹き流しも見逃せない!


七夕祭りは、仙台駅から連なる商店街と「お祭り広場」が開催される勾当台公園市民広場を中心として開催されています。


仙台の七夕祭りといえば、色とりどりの七夕飾りが印象的ですよね。


市内いたるところに、くす玉のついた豪華な吹き流しがたくさん飾られています。


商店街だけでなく、それぞれの家庭で飾られている分などもも合わせると、
市内で3,000本ほど飾られているとのことです。


七夕飾りは、吹き流しが最も有名ですが、本来は「七つ飾り」と言って、「短冊」「紙衣」「折り鶴」「巾着」「投網」「屑篭」「吹き流し」の7種類を飾ることになっています。


それぞれに意味があり、
「吹き流し」は織姫の織り糸を表しており、機織りや裁縫などの技術の向上を願って飾られるものです。


いずれの飾りも、和紙などの紙で作られています。


自作でつくることもできますし、当日「お祭り広場」で作り方を教えてくれるイベントもあるようです。


また、商店街で準備した七夕飾りは、商店街ごとに審査が行われ、金賞・銀賞・銅賞が決められることになっています。


受賞した飾りには、それぞれの賞のプレートがつけられていますので、自分だったらどれを金賞にしようかと考えながら見るのも楽しいですね。


花火と七夕飾り、そしておいしいもの!仙台へ行こう!

仙台の夏は、花火と七夕飾りで暑さも忘れる「熱さ」があります。


もちろんお祭り会場では、屋台も出ていますから、おいしいものもゲットできますよ。


仙台で夏を満喫しましょう!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。