優柔不断な友達にイライラする瞬間まとめーもう!はっきりしてよ!

スポンサーリンク
 


友達の中に一人はいるでしょう、優柔不断な人。


そんな友達にイライラしてしまう瞬間、ありませんか?


普段は仲のいい友達なのに、イライラしてしまう。


それってどんなときでしょうか?


たとえば、何を決めるにも「うーん。どうしよう。」って、口癖のように言うとき。


みんなで意見を出し合っているときも、「みんなの意見に合わせるよ。」と言って、自分の意見は言わないときでしょうか。


なかなか意見を言わず周りが発言すると「それいいね」とだけ言うときでしょうか。


みんなで話し合っているときにいくつかの選択肢がある中、選べないうえに「どれもいいね」消去法すらできないときかもしれません。


二者択一の場合ですら「どっちもいいね」って言う優柔不断な発言がでれば、さらにイライラは増します。


そしてさらに、一度決めたことなのにすぐにまた迷いだすとき。


いろんな周囲の意見に振り回され結局ちっとも前に進まないとき。


みんなで行く旅行でさえ、行き先や食べたいもの、見たいもの、すべて周りに合わせるってどういうことでしょう?


あなたからしたら、理解し難いかもしれません。


でも一人はいますよね、こういう友達。


こういう友達に都度イライラしないためには、どう接していくべきなのでしょうか?考えてみました。

これを読んでいるあなたならこちらの記事にも共感できるかも。
楽しいはずの海外旅行で友達にイライラする瞬間8個

優柔不断な人を見ているとムカつくのはなぜ?

スポンサーリンク


あなたの周りにもいませんか?いつも迷っている人。


何を決めるにもどうしよう、とばかり言う人。


普段は仲のいい友達だけど、実は心の中でムカついていませんか?


優柔不断な人をみているとムカつく!と感じるのはなぜなのでしょうか。


しっかり者の方なら、そう感じても仕方がないかもしれません。


いつだって、なんだって自分で選択してきたあなたにとっては、全く共感できないでしょう。
理解できないでしょう。


これがしたい!


あれがしたい!


あれが食べたい!


これがほしい!


このように何でも自分の選択で行動してきましたよね。


本当は一番シンプルで、イージーなことであるはずです。


だってそれって自分の気持ちに従うだけなのですから。


自分の心に素直に生きてきたあなたにとって、自分で選択して決めることはごく自然なこと。


自分にとってはそんな当たり前のようなことで、もたもたしている友達を見ていると、ついついイラッとしてしまうのも納得できます。

イライラしすぎてストレスを溜めないように要注意です。
あなたに合うストレス発散方法を探そう!ストレスは万病のもと!?

優柔不断な友達に疲れるなら離れるべき?


あなたはもしかしたら、独身であり、一人暮らしも長かったため、どんなことも自分で決めてきたし、自分で選択してきたのかもしれません。


でも、どうでしょうか。


一人で決めなければならない状況であったかもしれないし、もしくは誰の意見も気にせず一人で決めていい状況だった、と解釈を変えてみてください。


自分で決断できるって大事なことです。


優柔不断な人についイライラ嫌気がさす気持ちわかります。


ですが、だからと言ってその友達から離れるのは、私は違うと思います。


優柔不断な友達と決断力のあるあなた。


どちらが正しいと思いますか?


あなたが優柔不断な友達にイライラしている。


では、その友達はあなたをどう思っているでしょうか?


何でもすぐに決断できるなんてかっこいい!


そう思っているでしょうか。


もしかするとせっかちだなんて思われてたり、みんなで話し合っているのにすぐに自分の意見ばかりで、わがまま…なんて印象をもたれている可能性もあります。


どちらが正しい?


そう、どちらが正しいなんて答えはないのです。


あなたが自分の意見を尊重するのと同様、友達のことも尊重すべきです。


自分だけが正しくて、相手にイライラした態度をとるのは、あなたのわがままであるかもしれません。

優柔不断な友達にも疲れますが、空気の読めない友達も困ったものです。
友達ののろけが辛いと感じる女性の本音…幸せのおすそ分けのつもり?


まとめ


いかがでしたか?


優柔不断な友達に、ついイラッとしてしまう気持ち、十分理解できます。


優柔不断には、たしかに限度はありますが、自分の心に余裕ができればきっと相手の意見を待てるようになるはずです。


友達のことも自分のように大事にできたらいいですよね。


仲のいい友達であれば「あれとこれ、どっちがいい?」と選択肢を限定してあげたり、「どっちでもって言うけど、どちらかと言えば?」のように、より掘り下げてあげてみてもいいかもしれませんね。


みんなそれぞれ、性格も、育ってきた環境も違うので、腹が立つときがあるのも自然なことです。


ですが、そこでどう相手と接していくか、それを模索していくべきではないでしょうか。


優柔不断だと感じる友達とも、大らかな気持ちで接していけるといいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。