ロンドンの地下鉄の乗り方は意外と簡単!オイスターカードは必須?

スポンサーリンク
 


イギリスの首都、ロンドンは世界的な大都市ですが、市民の足となっているのが「Underground(アンダグラウンド)」もしくは、「Tube(チューブ)」と呼ばれる地下鉄です。


ロンドンの地下鉄網はとても入り組んでいて複雑ですので、初めてのロンドン旅行では戸惑うことも多いでしょう。


でも、地下鉄は市民の足であるために、ロンドンの日常風景を眺めることもできます。


また、ロンドン市内の観光にもとても便利な交通手段です。


そのためにも、ぜひ上手に活用したいですよね。


ロンドンへ初めて旅行する方のために、ロンドン地下鉄の乗り方について、まとめました。

初めての海外旅行に行く方にはこちらの記事もおすすめです。
初めての海外旅行!英語ができない人がチェックするべきポイント

ロンドンの地下鉄について

スポンサーリンク


ロンドンの地下鉄は、
「Underground(アンダグラウンド)」もしくは、「Tube(チューブ)」と呼びます。


サブウェイはアメリカ式ですので、ロンドンで言っても通じません。


「メトロ」は何とか通じるという感じでしょうか。


ロンドンの地下鉄を使いこなすなら、路線図(Tube map)を手に入れておくと便利です。


地下鉄の路線図は、ガイドブックにも載っていますし、駅やツーリストインフォーメーションでも案内が掲示されています。


また、なくても地下鉄の駅に行けば確認できます。


路線図で目的地を探し、どの線に乗ればいいのか確認しておきましょう。


乗り換えが必要なときは乗り換え駅もチェックします。


基本の乗り方は日本の地下鉄とあまり変わりません。

ロンドンの地下鉄の乗り方


切符を買って、改札を通り、自分の乗るべき線のプラットフォームを探します。


North Bound(北行き)、South Bound(南行き)、West Bound(西行き)、East Bound(東行き)など
のように、行先が分かれているので、間違えないようにします。


プラットフォームには、行先の停車駅名が表示されているので、それで自分の目指す駅を確認しておきましょう。


また、ロンドンの地下鉄では、市内の公共交通機関で使えるICカード
「オイスターカード」が利用できます。

《オイスターカードってどんなもの?》


ロンドン市内で利用できるタッチ式、チャージ式のカードです。

日本のSuicaやPasmoをイメージすると分かりやすいですね。

オイスターカードを利用すると、普通にきっぷを買うよりもう安く乗車できますし、一定の利用雨限度額まで達すると、それ以上の金額はチャージされなくなります。

更に詳細な情報については、以下から確認してみてくださいね。

>>英国政府観光庁オンラインショップ「ビジター・オイスター・カード (London Visitor Oyster Card)」


また、ロンドン滞在期間が数日なら、市内の公共交通機関が乗り放題で利用できる
「トラベルカード」を利用するという方法もあります。

《ロンドン・トラベルカードってどんなもの?》


こちらのチケットは紙のチケットですが、ロンドンの交通機関のすべての区間で利用できます。

ただし、オンラインのみでの販売で、最大で7日間の使用期限という条件があります。

一方で、トラベルカードの有効期限中は、ロンドンの公共交通機関を乗り放題になるので、滞在期間や用途によって、オイスターカードとどちらがお得かで判断するとよいでしょう。

トラベルカードの購入やより詳しい情報については、以下から確認してみてくださいね。
>>英国政府観光庁オンラインショップ「ロンドン・トラベルカード (London Travelcard)」

ヨーロッパ旅行なら、こちらの記事も要チェック!
海外旅行の服装はどうする?ヨーロッパの夏を満喫する為のアドバイス

ロンドンー地下鉄の乗り方や料金、交通事情は?

ロンドンの地下鉄の料金は、「ゾーン(ZONE)」によって決められています。


チケットが目的地までのゾーンに対応しているかどうかを確認してから購入するようにしましょう。


ロンドン地下鉄の切符は窓口か自動券売機で購入します。


片道分のチケットとトラベルカード(1日分)は自動券売機で購入可能
です。


オイスターカードは、最初の購入時は窓口で購入
する必要があります。


その後は、自動券売機でチャージできます。


なお、
ロンドンの地下鉄では乗り越し精算ができません


改札を通る前にオイスターカードの残高を確認してから乗るようにしましょう。

ロンドンで地下鉄に乗るなら「ゾーン」を理解しよう!


先ほども少し触れましたが、ロンドン地下鉄の料金はゾーンごとになっています。


移動したゾーンによって料金が決まり、同一ゾーン内であればどこからどこまで乗っても同じ料金が適用
されます。


たとえば、出発駅も到着駅もゾーン1の中であれば、「ゾーン1」だけの料金を払います。


もし、出発駅がゾーン1で到着駅がゾーン2の場合、ゾーン1と2の料金を払わなくてはいけません。


ピーク時とそれ以外の時間帯で料金が変わる
のも特徴的です。


さらに詳しい情報については、以下のウェブサイトが参考になりますよ。

>>イギリスロンドン 観光留学攻略ガイド「初めてでも安心!ロンドン地下鉄乗り方マニュアル」

日本からロンドンへの飛行時間は約12時間!あなたはフライト中のメイク、どうしますか?
長時間フライトの場合、メイクは落とすのが普通らしい!?


まとめ

いかがでしたか?


ロンドンの地下鉄事情についてまとめてみました。


一見、複雑そうに見えるロンドンの地下鉄ですが、ロンドンの主な観光地はゾーン1に集まっています。


ですので、一度慣れてしまえば、どうということはなく、とても便利な交通手段だと思います。


地下鉄はロンドン現地の人々の日常的な交通手段です。


地下鉄に乗ってみると、また違ったロンドンの風景が楽しめるはず。


日常的なロンドンを味わうためにも、ぜひ挑戦してみてくださいね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。