彼氏の箸の持ち方が汚いとみっともない!?いい大人なのに恥ずかしい!?

スポンサーリンク
 



私たちの生まれ育ったこの日本は「お箸の国」です。


しかし、近年では食事の欧米化が進み、正しく箸を持てない日本人がとても多く存在します。


そんな人たちの多くが、「平行箸」や「握り箸」や「バッテン箸」になってしまっています。


世間では箸の持ち方が汚いと「みっともない」「恥ずかしくないのか?」など厳しいことを言われることもあります。


自分の彼の箸の持ち方が気になる場合、外で食事をするのも恥ずかしいですし、両親に紹介するのもちょっと躊躇してしまいますよね。


そんな彼に、箸の持ち方について指摘してもいいのでしょうか?箸の持ち方を正してもらうことはできるのでしょうか?

結婚はしたいけど今の彼でいいの?付き合っているとふとそう思うときってありませんか?結婚というこの二文字が頭によぎり現実に目を向け始めます。「好き」という気持ちを第三者目線で見つめ直してみると、答えに近づけるかも…!?


箸を正しく持てる人は実は少ない!?

スポンサーリンク


箸を上手に、正しく持てると堂々と答えられる人はごくわずかで、多くの人が「多分合ってる…」と自信なさげな回答をします。


中には、間違っているのを知りながらも直さないままの人もいます。


子どもならまだしも、大人になってまで日本人のマナーであるお箸の持ち方を間違えたまま生活している人が多いようです。


それでも直さないのは、問題なく食べることができるからでしょうか。


それとも人前ではあまり箸を使わないのでしょうか。


もちろん箸の持ち方に決まりはありませんし、正しいからといってみんながみんな持ちやすいとは限りません。


「箸を正しく持てますか?」という質問をされたらあなたは自信を持って「はい」と答えられますか?

箸の持ち方で育ちがわかるって本当?


品性は食の作法によって現れます。


箸の持ち方だけではなく、「いただきます」を言えるか、お椀に手を添えられるかなど細かい食事のマナーはたくさんあります。


それは、箸を使う和食だけでなく、ナイフとフォークを使う洋食もおなじです。


食事のマナーは品性や教養を表す
大切なもので、身につけておいて損することはありません


しかし、マナーを気にしない家庭で育ったり親の食べ方が汚ければ、当たり前のように汚い食べ方をしてしまいます。


どんなに身なりに気を使っている人でも、どんなに清潔感のある人でも、
箸の持ち方が汚いだけで「下品」「育ちが悪い」という印象を与えてしまいます


もちろん育ちのいい人の全員が全員、正しく箸を持てるわけではありません。


中には箸の持ち方が汚いだけでなく、くちゃくちゃと音を立てたりテーブルに肘をついてしまうなど、テーブルマナーがまるでなってない人もいます。


ですから、必ずしも「箸の持ち方が汚い=育ちが悪い」という訳ではありません。


しかし、世間で恥をかかないようにと気にする親ならば、基本のテーブルマナーや相手を不愉快にさせてしまうNG行為を教えてくれるはずです。

彼の箸の持ち方が気になるけれど、注意してもいいの?


箸の持ち方が汚いというのは、相手にとってマイナスな印象を与えてしまいます。


気にしない者同士なら問題はありませんが、
恋人の箸の使い方が汚いから親に紹介したくないという人もいます


「食べ方が汚い人と一緒にいるのは恥ずかしい」


そう思う人がいるのは事実なのです。


箸の持ち方が正しければ、会社の食事会や親戚との集まりなどで恥をかかなくてすみます


箸の持ち方が正しいことを誰にも褒められないとしても、損をすることは絶対にありません。


自分はもちろん、一緒に食事している人にとっても恥ずかしくないよう、これを機に正しい持ち方を習得してもらいましょう。


もしもあなたの身近な人で親しい人の中に、食事マナーの悪い人や箸の持ち方が汚い人がいるのならば、ときには
相手のためにも注意してあげてもいいでしょう


注意するときは、相手との関係性を考慮して、関係が崩れない相手であれば、「あなたのためを思って」という気持ちを伝えてあげましょう。


「持ちやすいほうがいいの!」と言う人もいるかもしれませんが、人前だけでも正しく持てるよう練習をすすめてみましょう。

彼との初めての海外旅行、どう過ごそうかな?と今からあれこれ考えて、期待に胸をふくらませているところでしょうか。でも、海外旅行で彼氏の行動に幻滅する人が多いって知ってますか?でも、大丈夫!傾向と対策を知っておけば、旅行を存分に楽しめます!


まとめ


家庭の食事でも、子供が大好きなカレーやハンバーグなど箸を使わない食べ物が増えています。


食事の欧米化から箸を持つ機会が減り、間違った持ち方でも気にしないという人が多いのでしょう。


家族や気の知れた仲間の前でなら問題ないのかもしれません。


ですが、取引先の大事なお客様やパートナーのご両親などとも食事する機会があるはずです。


そんなときにいつもどおりの間違った箸の持ち方では、相手を不愉快にさせてしまうこともあると思います。


そして、一緒に食事をする人にとって不愉快なのは、箸の持ち方だけではありません。


寄せ箸、迷い箸、刺し箸などお箸のNG行為はたくさんあります。


ナイフやフォークの使い方も大切ですが、もし彼のは市の持ち方が気になるのであれば、大人として、日本人として恥ずかしくないよう、一度和食のテーブルマナーを一緒に見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。