妊娠初期の腹痛はキケン?腹痛の種類について学ぼう

スポンサーリンク
 


初めての妊娠は母になる喜びと同時に
何に気をつければいいのか、
こんな症状の時は大丈夫なのか、
など不安になることも多いと思います。

私も初めて妊娠したときは、
少しでも不安なことやいつもと違う感覚があると
今お腹の赤ちゃんは大丈夫なの??
などと心配になってしまい、
すぐに病院に行ったり、ネットで調べたりなど
いつも不安だらけでした。

どんどんお腹も大きくなって
胎動を感じると「赤ちゃん元気なんだなー」
と少し安心感があったり…

今思うと1番不安だったのは、
胎動を感じることのできない妊娠初期でした。

妊娠初期は本当に不安なことでいっぱいです。
特に腹痛があったときなどは怖いと思います。
そんな不安を少しでも解消できたらと思います。

妊娠初期の腹痛に流産の危険性はある?

スポンサーリンク

妊娠初期に腹痛なんてあるの?
と心配になる方もいると思いますが、
妊娠初期に腹痛を感じたり、
腹痛ではないけれど
お腹が引っ張られるように感じる、
という妊婦さんは、実はたくさんいるのです。

なぜ妊娠初期に腹痛の感覚があるのかというと、
妊娠することで子宮が大きくなろうとする
ために
生じる症状だと考えられています。

そして、その痛みの感じ方は人によって様々です。
腹痛が起こると流産するのではないかと
不安になると思います。

しかし、この腹痛でも大丈夫である腹痛の場合と
流産の危険性がある腹痛では
大きく変わってくるので
そこの判断を間違えないように
気をつけなければなりません。

先程お伝えしたように、
子宮が大きくなろうとする痛みや
便秘による痛みなど
一時的な腹痛の症状であれば心配はいりません。

しかし、ギューと締め付けられるような痛み
下腹部に強い痛みがある時、
そしてそれが継続的に続き、
その痛みが徐々に強くなってくるのであれば
流産の疑いが高くなってきます

それと同時に、出血やつわりがなくなった、
基礎体温の低下などが伴ったときは要注意です。
早めに病院を受診することをおすすめします。

しかし、初めての妊娠では
どの腹痛が大丈夫で、どの腹痛が危険信号なのか
自分では判断が難しい場合もあるので、
腹痛を感じで少しでも不安がある場合は
病院で診てもらった方がいいでしょう。

妊娠初期の下痢は何が原因?

また、妊娠してから便秘や下痢に
悩まされる人もいると思います。

これは、妊娠すると自律神経が乱れ、
腸の働きがうまくいかなくなるために
便秘や下痢になるのです。

下痢になると流産するという人もいるようですが、
流産になる可能性は低いと言えます。
下痢によって子宮収縮に
つながることはありません。

しかし、下痢が長引いたりすると
水症状や栄養不足で胎児の発育に
悪影響を及ぼす
ので
そんな時には迷わず病院で診察を受けましょう。


マタニティライフを楽しむ!

妊娠できることは本当奇跡です。

不安になることもあると思いますが、
不安ばかりを抱えて
マタニティライフを過ごすよりも
お腹の中に赤ちゃんがいる期間を
楽しむことも大切
です。

赤ちゃんと一緒に過ごす
マタニティライフをぜひ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。