もはや常識!? 今さら聞けない英語の住所の書き方

スポンサーリンク
 


海外関係の仕事をしていると、どうしてもついてくるのが英語。
周りにバリバリの英語を使える人がいるとなかなか聞きづらいですよね。

今回は日本語から英語への翻訳サイト、そして英語の住所の書き方を解説します。

日本語を英語の住所に書き直したい!間違いなしの変換サービス

スポンサーリンク

日本の住所を英語で表記する。
英語が苦手な人にとっては大きな壁になります。

しかし、そんな人にとっておきのサービスがあります。まずは日本語から英語への住所の書き方をおさらいしましょう。

例として、以下の住所を英語にする場合、

「国会議事堂」
東京都千代田区永田町1丁目7番1号

これを英語に変えると…

7-1 Nagatacho Chiyoda-ku, Tokyo Japan  100-0014

とになります。


では、おすすめの翻訳サイトをいくつかご紹介します。


① 
Address translation system

この翻訳サイトはとても使いやすいです。
とくに難しい操作はなく、郵便番号と番地だけで大丈夫です。

日本語の住所と英語の住所もそれぞれ表示することができるので便利です。
建物の名前は入れられませんが、使い勝手はとてもいいと思います。

② JuDress

こちらもも①と同様、郵便番号と番地の入力でOKです。そして、こちらは建物名も入力できて、さらに便利。
「実用的に変換」をクリックすれば正しい名称で表記されます。
「stylish」をクリックすると遊びの住所変換になるので気をつけましょう。

このサイトはAndroid版も用意されています。

日本とは違う!英語の住所表記の順序とは

日本と英語では真逆の文法になっています。
そもそもこれは地域的・お国柄の主張の方法に違いがあるために生まれたと言われています。

例えば、日本の会社では、「7月度 納期依頼報告書」から色々なタイトルが間に配置され、最後に担当者の名前が「山田太郎」というように記載されます。

会社での挨拶でも、「○○株式会社の山田太郎でございます」の順番が一般的ですよね。

ところが、英語ではこれが真逆になります。
これは自分が常に主体で主張が強い欧米ならではの風潮です。


Harry Potter (名前)
General Manager (肩書き)
Anime Production Inc. (会社名)


住所も同じ
です。
番地、名前、市、住所、国名という流れになります。

このように、欧米人の風潮や考え方を理解することで、英語の仕組みについても理解することができるようになります。

まとめ

今回は英語の住所の書き方というところから手順を解説しましたが、英語の住所を見るだけではなく、欧米文化の成り立ちや考え方を理解することによって意外とすんなりと英語の住所の書き方について学ぶことができたのではないでしょうか。

これからは、英語の住所も抵抗なくスラスラと書けるように、今回お伝えしたツールや考え方を使って実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。