気が利かない同僚にはどう接する?こっちが逆に気を遣うハメに!?

スポンサーリンク
 


「なんでこんなに仕事ができないの!?」


「ああっ、全く役に立たない!!」


こっちがそう思ってることにさえも気が付かない…


そのうえ、少し注意をすれば、裏で人のことを「お局」呼ばわりする始末。


自分が仕事をできないのを棚に上げて、陰口を叩いてる暇があるならさっさと仕事してよ!!


これを読んでいるあなたも、一度はこんなイライラするような経験、あるのではないでしょうか?


けれど、往々にしてこういう人たちは注意したところで仕事が早くなる訳でもなく、むしろ逆ギレしてきて、輪をかけていらない仕事が増えていく一方…


最終的には自分が面倒くさくなって、「余計な仕事が増えるくらいなら…」と、逆に気を遣ってしまう場合がほとんど。


でも指摘しなければろくに仕事もできない。


こんな厄介な「気が利かない同僚」にはどうやって接したらいいのでしょうか。

気が利かないのは同僚だけではありません。困った友達にはどう接する?
友達ののろけが辛いと感じる女性の本音…幸せのおすそ分けのつもり?

気が利かないのと仕事ができないのはある意味同じ?

スポンサーリンク


「仕事ができない」≠「気が利かない」だと主張する人もいるかと思いますが、


私は正直
「気が利かない=仕事ができない」だと考えていいと思います。


というのも、与えられた仕事をこなすだけで100点満点がもらえるのは、
せいぜい学生のうちだけです。


逆に言えば、社会人なら仕事が100%できることは大前提であって、与えられた仕事が完璧にできたからといって、褒められたり「この人は仕事ができる」という評価がついたりすることはまずありません。


当然といえば当然でしょう。


お金を払って勉強していた学生の頃とは違い、
社会人になってからはお金をもらって仕事をしているのですから。


では「仕事ができる」というのはどういうことをいうのでしょうか。


もう分かりますね。


仕事が120%できること、+aができること。


要するに
「気が利くこと」が求められるというわけです。


ですから、繰り返しになりますが
「気が利かない=仕事ができない」ということになるのです。

気が利かない同僚にイライラ…そんなときのストレス解消法は?
ストレスを発散できないあなたへの処方箋。憂鬱で辛い毎日を変える方法

気が利かない女性は職場では正直言って邪魔!?


さて、上記の理屈でいえば、「気が利かない=仕事ができない」ことになります。


仕事のできない人間が1人でも職場にいたらどうでしょう。


少なからず周りの上司や同僚に迷惑をかけています。


人数の多さにかかわらず、よっぽどことがない限り職場のほとんどは、複数の人間の集まりで仕事を回していることと思います。


これは、オフィスだろうとそこら辺の飲食店一つをとっても同じことでしょう。


複数の人間がいれば当然、「ミス」と呼ぶほどでもないような些細な間違いや、


作業を効率よくこなすために行わなければならない、「仕事」とは呼べないような小さなワークが結構な頻度で発生します。


それらが正式な「ミス」や誰かの「仕事」になってしまって、
業務の進行に支障をきたす前に気がつける人、また、気がついて処理できること人が「気が利く」ということだと思います。

女性であるからこそ求められる気が利く素質


社会人ならほとんどの人が「お互い様だから」と考えて、とくに恩着せがましくすることも、わざわざ上司に報告などすることもなく処理してしまい、事前に仕事を減らしています。


それができないということは、極端な話ですが
「いらない仕事を増やしている」というように捉えられても仕方がないといえるでしょう。


これは「気がつかなかったから仕方がない」という問題ではありません。


「気がつくこと」も社会人には求められます。


減らせるはずの仕事を減らせなかった時点で、「気が利かない」のです。


ここまで確認してみても、やっぱり気が利かない女性は職場では迷惑と言えますね。


実際、女性に限らず男性でも気が利かない人は多いと言われています。


でも、不公平にも感じますが、世間では
女性の方が圧倒的に気が利くことが求められていますよね。


仕事ができるからこそ職場で孤立してしまう女性はどうしたらいいのでしょうか。
職場で孤立気味…辞めたいと悩む女性へのアドバイス


まとめ


いかがでしたか?


気が利かない人が職場にいるとどのような不都合が生じるのかについて、まとめてみました。

  • 気が利かない=仕事ができない
  • 社会人に求められるのは「気が利くこと」
  • 世間では男性よりも女性の方が「気が利くこと」が求められる


気が利かない同僚には、本当に困ってしまいますが、そんな人に時間を費やして気分が悪くなるよりも、諦めて自分が大人になった方が得策かもしれません。


そんな同僚と上手な付き合い方が見つかるといいですね。


houchi300.png

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。