女の子は日焼けを気にしすぎ!?それって疲れない?

スポンサーリンク
 


桜が綺麗に咲いたな~なんて思ったらあっという間に暑くなってきましたね。


ということは、もう夏の暑さも近いということです。


夏の日差しはとても強く、女子の敵は何と言っても日差し!


日焼け対策の基本はもちろん、日焼け止めですよね。


お化粧前に日焼け止め、家を出る前に首や腕に日焼け止め…


でもみなさん、日焼けをあまり気にしすぎるのって疲れませんか?

紫外線の季節に日焼け止め対策を行うのは世の女性の常識、と思っていませんか? 海外の女性からは、一生懸命紫外線対策をしている日本人女性は滑稽に見えることもあるのだとか。日焼け対策について、日本と海外での反応の違いについてまとめてみました。

日焼けを気にしない女の子は魅力的に見える!?

スポンサーリンク


そもそもなぜ日本の女子達は、日焼けを気にして日焼け対策をしているのでしょうか?


理由をいくつか考えてみました。

① 肌トラブルを避けるため

太陽の光には強い紫外線が含まれるため、紫外線を直接浴びることによって日焼けだけではなく、シミやそばかすができる原因となってしまうそうです。


そこから乾燥や吹き出物など、あらゆる肌トラブルを招くのだとか。たしかに紫外線は怖いですよね。


② 白い肌をキープしたい

美白を求める人は少なくありませんよね。そのために極力太陽の光を浴びずにしている人が多いですね。


とくに肌トラブルを避けたいという人が大半で、日焼け止めを使用しているようです。


でも、一方で日焼けを全く気にしない方もいますよね。


なんで?と不思議に思いますが、と同時になぜか日焼け止めから解放されている感じが羨ましかったり…


では、そのような女子たちは、なぜ日焼けを気にしていないのでしょうか?日焼けを気にしないという女子達から話を聞いていみました。

Aさん

紫外線は一概に悪いものではなく、日の光を浴びることも健康や肌にはいいこと。

だから、本当に日の光が強い日はずっと当たっていることはしないけど、日焼け止めを塗るようなことまではしない。


Bさん

私は美白より小麦肌が好き!その方が健康的でいい。


Cさん

日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりするのが面倒なので、日焼け止めサプリを飲んでいます。

これなら忙しい出勤前に時間を割く必要もないし、日焼けもしづらくなるし、一石二鳥です。


とても積極的な意見の方々ですね。


たしかに日の光を気にし過ぎて行動するよりも、好きなことをして外で活発に動いている方がストレスも少なく、魅力的に見えるのかもしれません。

暖かくなってくると、さっそくキャンプの計画を友達と相談中なんて人も多いのではないでしょうか。でも、お化粧が気になるという女性は少なくないようです。キャンプにすっぴんで行くのは、どうなのでしょうか。日焼け対策はどのように行うべきでしょうか?

夏が嫌いな理由に日焼けを挙げる人もいる?

実は、日焼けは、夏が嫌いな理由ランキングをとると、必ず上位に挙がってきます。


夏が嫌いな理由として、


「日焼け対策をしても結局汗で取れてしまって、塗り直しの繰り返しになるので疲れる」


と言う声や、やはり


「日焼けのあとの肌トラブルが辛い…」


という意見が挙がっていました。


冬は肌乾燥などの悩みはありますが、夏は汗、紫外線、日焼け止めや、紫外線による肌トラブルなど、冬より気にすることが多いようです。


ですから、とくに女性は大変です。


では、少しでも日焼けによるストレスを軽減するにはどうしたらいいのでしょうか?

日焼け対策を軽減する方法


① 日傘やサングラスを使う

長時間日差しに当たらないのであれば、移動中だけの対策でも良いのではないでしょうか。


日焼け止めに対する肌トラブルや面倒が減りますよね。


紫外線カットの洋服を着る

ノースリーブや半袖で露出している腕気になるなら、外出中は長袖のインナーやパーカーなどを着るとよいでしょう。


暑いのが気になる方もいるかと思いますが、素材は風を通すようなものもたくさん売られているので、探してみましょう。


③ スプレータイプの日焼け止めを使う

日焼け止めスプレーにも用途によってボディ用、ヘア用など種類が豊富です。


あなたに合ったものを選んでみましょう。


④ 日焼けサプリを飲んでみる


日傘やサングラス、日焼け止めの二度塗りなどの心配が不要となります。


日焼け対策は体の内側からアプローチしましょう。おまけに美容成分の入ったサプリもあるのでとても助かります。


おすすめの日焼けサプリは以下からチェックしてみてくださいね。

飲む日焼け止め トマトエキス シスチン シトラス ステアリン 国内生産

紫外線対策サプリ【Dr’sホワイトセラミド】



気候が暖かくなると、女性にとって気になるのが紫外線です。外出が増えると、シミ対策も気になるところ。しかし、同じように紫外線にあたっていても、シミのない人もいたりしませんか。シミのない人というのは、どのようなお手入れをしているのでしょうか。

食べ物でも日焼け対策できるらしい!?


日焼けなどで皮膚にダメージをうけたと感じたら‥


食べ物で日焼けのダメージを軽減してみましょう!


日焼けにはとにかく、
ビタミンCの摂取が重要な鍵となってきます。


たとえば、以下のような食品から摂取するといいでしょう。

  • いちご → 朝に食べるのがおすすめ!
  • アセロラ → アセロラジュースすると飲みやすい!


簡単に口にできるものなので、これで日焼け対策になるならぜひ試してみたいものですよね。


ちなみに、
朝出掛ける前に柑橘系のフルーツを食べるのは、紫外線の吸収をよくする手助けをしてしまうので注意が必要です。


まとめ


夏の日差しはとても強く、顔や肩がヒリヒリ…せっかく日焼け止めを塗っても日差しが強すぎて効果がなかったり…


女子はお化粧だけでも時間を取るのに、プラス日焼け対策なんて大変ですよね。


でも日差しを気にしない人は、実はきちんと対策をしているんですよね!


あなたも自分にあった日焼け対策を探して、楽しく夏を乗り越えましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。