つらい口内炎…歯茎にできた口内炎の原因と対処法

スポンサーリンク
 


誰でも一度は口内炎になったっことがあるはず。

口内炎はあんな小さいのに本当に痛いし、
食べづらくて食欲も減退してしまうし、
治りも遅くて厄介なものです。

とくに、接客業や営業などのお仕事で
話すことが多い人にとっては
ずっと口を動かすので、とても辛いと思います。

私もよく口内炎になるのですが、
本当に痛くて食べるのも辛いし
口を動かしたくない!と思ってしまいます。

そもそもどうして口内炎ができるの?
といった疑問もありますよね。

今回は口内炎がなぜできるのか、
そして早く治す対処法などを
お伝えしていきたいと思います。

どうして口内炎は歯茎の内側にできるの?

スポンサーリンク


口内炎というのは、
口の中の粘膜にできる炎症の総称
のことを指します。

口の中は会話、食事、呼吸などで
日々外部と接触しているため、
細菌が侵入・付着しやすい部分なのです。

その細菌が、口の中の傷に接触してしまい、
それによって炎症を起こすことで
口内炎ができてしまう、
というのが一般的なメカニズムです。

口内炎の1番多い原因は、
先程もお伝えした『口内の傷』であると
言われています。

食事中に口の中を噛んでしまったり、
歯磨きなどで口の中に傷ができたりすると、
この傷が原因となり口内炎の発症に繋がります。

その他にも、免疫力の低下などでも
発症しやすくなると言われています。

通常、口の中は粘膜で保護されていますが、
この免疫力の低下に伴い
細菌から守りきれなくなることによって、
炎症が起きて口内炎が発症します。

これら以外にも、
ビタミンB1、B2、B6の不足
口内炎ができる原因の1つです。

口内炎が早くよくなる治し方とは?塩が効くって本当?

口内炎を治すには口の中の細菌の繁殖を
抑えることが有効であると言われています。

そこで、塩は殺菌作用のある食材なので
効果が高いと言われているのです。

しかし、殺菌作用のある食材は
口の中の患部の殺菌して
症状を和らげるためだけの対処方法であり、
口内炎の根本的な解消にはつながりません。

それでは口内炎はどのような治し方がいいのでしょうか。
確認してみましょう。

最初にお伝えしたとおり、口内炎を治すには
細菌の繁殖を抑えることが大切なので
日頃から歯磨きやうがいを心がけ、
口の中を清潔に保ちます

ただし、歯磨きをするときには、
口内を傷つけないように優しく労るように
磨くことを忘れないように気をつけましょう。
強く磨いてしまうと、口内を傷つけて
口内炎のもとを作ってしまう可能性があります。

そして、口内炎にはビタミンB1・B2・B6といった
ビタミンB群の摂取が効果的です。

ビタミンB群の食材を意識して取り入れる、
もしくは日常的に摂取することが難しい場合には
サプリメントで補うのもオススメの方法です。

また、市販で購入できる口内炎のお薬を利用したり、
一番良いのは病院で受診することですね。


口内炎はストレスや睡眠不足も原因がある

口内炎の原因や対策をお伝えしてきましたが、
口内炎の原因はそれだけではありません。

日頃、睡眠不足であったり、
ストレスが溜まって精神的にも肉体的にも
疲れてしまっている場合には、
それが原因となりビタミンB群が不足し
口内炎になるケースもあります。

このような状況は、健康に自信があっても
どんな人でもなりえることです。
自分に合ったストレス発散方法を見つけ、
できるだけ十分な睡眠をとったりするなど
体をしっかり休めてあげてください。

自分に合う方法を見つけ、免疫力を保ち、
口内炎のできない体を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。