北海道富良野のラベンダー畑を観るべき理由!見頃は?見どころは?

スポンサーリンク
 


北海道といえば、広大な大地に美しい自然。そんな北海道を満喫できるのが、富良野周辺です。

冬は美しい一面の雪景色が見られますし、春から夏にかけては色とりどりのお花畑が見られます。

せっかく北海道を訪れるのなら、絶対に押さえておくべきスポットですよ!

北海道 富良野で夏にとくにおススメするのが、ラベンダーです。

北海道在住の私の体験談なども交えて、ご紹介します。

富良野のファーム富田は美しいラベンダーがいっぱい!おすすめスポット

スポンサーリンク

北海道尾では、初夏から夏にかけて、広い大地に色とりどりの花が咲き乱れます。

そのなかでも、富良野のお花と言ったら、やはりラベンダーです。

そのラベンダーの大きなお花畑を見ることができるので有名なのが、ファーム富田です。

園内には広いラベンダー畑がありますし、さらに4キロほど離れたところに同じ系列のラベンダーイーストという日本史最大級を謳っている広大なラベンダー畑があります。

ファーム富田のラベンダーの見頃はいつ?

ラベンダーの見ごろは7月いっぱいくらいなので、ラベンダーイーストが開園しているのはだいたい7月だけです。

一方、ファーム富田では他にもたくさんのお花畑がありますので、ゴールデンウィーク頃から10月くらいまではお花を見ることができます

園内にはカフェやショップもあり、ラベンダーソフトクリームやドライフラワー、オイルなどのラベンダーグッズも豊富です。

暖かくなってくると、さっそくキャンプの計画を友達と相談中なんて人も多いのではないでしょうか。でも、お化粧が気になるという女性は少なくないようです。キャンプにすっぴんで行くのは、どうなのでしょうか。日焼け対策はどのように行うべきでしょうか?

富良野へのアクセスは?混雑状況は?


富良野は北海道の中央部に位置します。

見どころは点在しているということもあり、やはり自家用車やレンタカーが便利です。

ラベンダーのハイシーズンとなる7月の週末などは、周辺道路がかなり渋滞しますので、時間には余裕をもって計画を立ててください。

以前、ふいに思いついて旭川方面から車で向かったことがあったのですが、富良野国道と呼ばれる国道237号線のひどい渋滞につかまってしまい、近づくことさえできずに撤退したことがあります。

最近は、渋滞緩和の工夫もされているようではありますが、意外と道内からやってくる人も多いので、気をつけたほうがよさそうです。



電車やバスでのアクセス


公共の交通についてお知らせします。


最寄りの空港は旭川空港です。


バスだとふらのバス・ラベンダー号が運航しており、約1時間で富良野に到着します。

札幌方面からのアクセス

JRなら函館本線に乗り(特急だと50分)、滝川駅で根室本線に乗り換える(普通で70分)と富良野駅に到着です。

期間限定ですが、特急フラノラベンダーエクスプレスという乗り換えなしのアクセス特急も運行されています。日程が合う場合は便利です。

特急フラノラベンダーエクスプレスの詳細については以下よりご確認ください。
全国の観光列車&レストラン列車「『特急ふらのラベンダーエクスプレス』の【 運転日・料金・購入方法・お得な料金 】まとめ」


バスでは、札幌富良野間の高速バスは高速ふらの号という名称で北海道中央バスが運行しています。

約2時間30分ほどの所要時間で大人だと片道2,260円です(2018年5月現在)。

また、札幌発の日帰り定期観光バスもあり、あちこち回ってみたい方には便利です。

旭川方面からのアクセス

旭川駅からだと、JRでは富良野線で約60分で到着します。

こちらも期間限定の富良野美瑛ノロッコ号が運行されることがあります。

ゆっくり走るトロッコ列車ということで、「ノロッコ」と命名されており、列車はレトロな雰囲気の窓の大きい車体で、風景を楽しむにはうってつけです。

こちらの路線はファーム富田の近くに「ラベンダー畑」駅という臨時駅が設定されているので、ファーム富田に行かれる方は便利です。

バスだと旭川駅前より、快速ラベンダー号というバスが運行しています。

絶対外せない観光スポット! 青い池・四季彩の丘・ニングルテラス


富良野周囲には、ほかにも見どころがいっぱいあります。おすすめのスポットをご紹介します。

美瑛町の「青い池」


富良野から旭川側に向かうと美瑛町があります。


美瑛町には「青い池」と呼ばれる神秘的な池があります。


この池は、もともと十勝岳の火山泥流による災害を防ぐため、美瑛川にいくつかつくられた堰堤のうちのひとつで、つまり
人造池なのですが、周囲の湧き水の中に含まれる水酸化アルミニウムなどの成分が作用してきれいな青い色に見えるそうです。


その池の青さと、水没して立ち枯れたカラマツの景色が幻想的
で人気です。


冬季期間だけ夜間ライトアップされています。


2016年8月23日、北海道に上陸した台風9号の影響で一時期濁って青くなくなった時期もありましたが、見事に復旧しています。

美瑛町の「四季彩の丘」


同じ美瑛町にある観光ガーデン「四季彩の丘」も人気です。


夏のグリーンシーズンは色とりどりのお花畑、冬のウィンターシーズンは広大な雪景色とスノーモービルやチューブなどのアクティビティが楽しめます。


また、美瑛と言えばじゃがいもの栽培で有名なのですが、そのジャガイモを使ったコロッケも男爵とキタアカリという2種類のじゃがいもを食べ比べることができて、おススメです。


マスコットである
アルパカの牧場もあります。

お買い物に最適!「ニングルテラス」

お土産を買うなら、新富良野プリンスホテルに隣接した「ニングルテラス」はどうでしょうか。


かわいいログハウスが並び、こだわりにグッズが並んでいます。


カフェで一休みすることもできます。


また近くには菓子工房フラノデリスという洋菓子店があり、おいしいスイーツが楽しめます。


富良野市街にはフラノマルシェという施設があります。ショップやカフェ、物産センターや観光センターなどもあり、ドライブ中の休憩場所としてもおすすめです。

はじめはアクティブな彼に惹かれて付き合ったけど、最近なんだか…と感じているあなた。インドア派とアクティブ派が合わないと感じる瞬間や原因、その解決策について考えてみました。


富良野のラベンダーがあなたを待っています!


いかがでしたか?


北海道の観光は、札幌や函館だけではありません。


富良野にもここでしか見られない美しい風景や美味しいものがたくさんあります。


そして、ここでは北海道の雄大な自然を体験できます。


夏の旅行を計画中のあなた!家族連れでも、カップルでも、友達同士でも、一人でも楽しめる富良野はどうですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。