靴ずれとさよなら!かかとの靴ずれ対策でラクラク歩こう!

スポンサーリンク
 


皆さんはウインドウショッピングお好きですか?
私は大好きです!

でも、楽しいお買い物も、
ボーナスを何に使うか考えるためのリサーチも、
デートでさえも靴ずれで足が痛くなってしまって
気分が台無し…

なんて経験ありませんか?

せっかく楽しい気持ちでお出かけしても
痛みに耐えながら歩いていては
楽しくなくなってしまいます。

しかも、一度できてしまった靴ずれは
絆創膏を貼っても、
後からいくらクッションを引いても、
 痛いし気になってしまうものですよね。

それでもその日の気分やコーディネートの都合で
靴ずれができるかも…と思っていても
どうしてもその靴を履きたい時ってありますよね?

今回はそんな時に悲しい気持ちにならないために
靴ずれ対策についての情報をお届けします!!

靴ずれの防止策をご紹介!かかとに効果あり!?

スポンサーリンク


靴ずれの原因はいくつかあります。

靴ずれがよく起こる時といえば、

・新しい靴を履いた時
・革靴など硬い素材の靴を履いた時
・先が細くなった靴を履いた時
・サンダルやストラップが細い靴を履いた時 など

みなさんもご経験があるのではないでしょうか。

靴ずれは主に、靴と足の摩擦によって
足に傷ができてしまうことです。

傷は主に、水ぶくれや出血がありますが、
痛みを伴うことが殆どです。

それらの傷をそのまま放置すると、
傷口から細菌が入ってしまい、
化膿したり
ひどい場合には壊死になることもあります。
ただの靴ずれだと侮ってはいけないのです。

では、靴ずれにならないためには
どうすればいいでしょうか?

サイズの合った靴を選びましょう
基本的なことですが、サイズはしっかり確認して
自分に合ったものを選びましょう。

試し履きは必ず両足で行い、少し歩いてみます。
サイズがあっていると思っていても、
靴の幅が足に合っているか、
つま先と踵に1センチほどの余裕があるか、
かかとのカーブや土踏まずが
靴のカーブと合っているか、

食い込んでいるところがないか、
などについて細かいところまで
しっかり確認しましょう。

靴を購入する時はできるだけ夕方にしましょう
女性の場合はとくに多いのですが、
午前中よりも夕方の方が足がむくんでいると
感じませんか?

このため、買ったばかりの靴を履いていて
夕方になったら足が痛くなってしまった…
なんてことを防ぐことができます。

ストッキングを履きましょう
簡単な方法ですが、ストッキングを履くことで
足と靴の摩擦を減らすことができます。

かかとにクッションを引きましょう
かかとに靴ずれができてしまいそうな場合は
クッション材を引きましょう。
専用のクッションを購入することもできますが、
即席で絆創膏やクッション性のあるテープを
貼って代用することもできます。

靴ずれを繰り返さないために!靴ずれ防止グッズを使おう!

しかし、いくら購入する前に
しっかり確認しても
足にやっぱり合わなかった、
ということもありますよね?

わかっていてももったいないから履きたい!
デザインが気に入っているからこの靴を履きたい!

そんな時には靴ずれ防止グッズを試してみましょう。

最近は、色々な靴ずれ防止グッズがありますよね。
靴ずれができる場所によって
あらゆるサイズのものがありますが、
基本的にはクッション材です。

かかと用のもの、足の甲に貼る物、
親指や小指に貼る物など。
靴に貼るものもあれば、
足に直接貼るタイプのものもあります。

できてしまった靴ずれに貼る絆創膏にも
最近はクッション性の高い
キズパワーパッドなどがあります。

それもかかと用やでできてしまったマメに合った
サイズのものもあり種類が豊富です。

また、ワセリンを塗る方法もあります。
ストッキングを履くのと同じことですが、
足の滑りをよくして、靴との摩擦を減らしてくれます。
しかも、何かを貼ったりするわけではないので
目立ちにくいのもおすすめのポイントです。

防止グッズが画像つきで載っている
ウェブサイトもご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください!
http://pmall.gpoint.co.jp/g-ranking/ranking.php?themeid=3126

まとめ

いかがでしたか?

一度できてしまうとその後もしばらくは
傷になって痛みが続いてしまう靴ずれですが、
予防できる靴の購入ポイントや
靴ずれ対策を駆使して、
ウインドウショッピングやデートを
楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。