結婚式準備でケンカしたら別れる?別れない?究極の選択!

スポンサーリンク
 


女性にとってはもちろん、男性にとっても一世一代の大イベントである結婚式は、式場から衣装などの細かいところまで、準備に気合いが入るものです。

でも、結婚式の準備段階でお互いの意見が食い違ってしまうことは必ずあります。

中にはどうしても譲れないこともあり、小さな食い違いが大きなケンカに発展してしまう場合もあります。

結婚式そのものを辞めようか、中には離婚や破談まで考えてしまうほどのケースもあるようです。

本人たちも家族や友人たちも、こんな形で悲しい結末を迎えたくはないはずですが、大きなケンカに発展してしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。

結婚式へ誰を招待するかも重要な要素の一つです。
結婚式に友人の子どもは招待しなきゃだめ?招待したくないときの対応

結婚式の準備でケンカになっても別れるカップルは少ない!?

スポンサーリンク

結婚式は、家族や周りの人に夫婦として正式に初めてのお披露目ですから、自分たちだけでなく周りの人にも心に残る良いものにしたいですよね。

たとえ最初の意見がぶつかったとしても、ゆくゆくはお互いに納得できる決断を下さなければなりません。

結婚式の準備には魔物がいると言われているように、お互い真剣だからこそ、大きな壁にぶつかってしまうことがあるようですね。

二人の幸せのための結婚式のはずが、それが原因で別れてしまってはなんとも言えない虚しさだけが心に残ってしまいます。

ですが、実際は、ほとんどの夫婦が結婚式の理想の違いからケンカをしたとしても、別れたり結婚式自体をやめるほどにはならないそうです。

結婚式の準備にたくさんの時間がかかったとしても、一緒に乗り越えることでより絆が深まり、思い出に残る素敵な結婚式になるはずです。

結婚式の準備を旦那が手伝わないのは今後が不安になる?

結婚式の主役は女性であると男性は思いがちなようで、結婚式の準備に乗り気ではない旦那さんや奥さんに任せっきりにしてしまう旦那さんも多いようです。

女性にとっては夫婦二人の大イベントである結婚式の準備は、胸を踊らせてしまうくらいワクワクする楽しいものです。

ですが、全体の流れから細かな段取りなど、結婚式の準備はやることが多いので、旦那さんが協力的ではないとその苦労から苛立ってしまうことがあります。

そして、結婚式という二人にとってかけがえのないものなのに、その関心のなさが無責任と感じてしまい将来的にも不安を感じてしまう女性が多いようです。

確かに旦那さんが結婚式に関心が薄い様子だと、結婚式自体が不安になるだけでなく、今後の二人の決め事も同じように任せられてしまうのではないのかと心配になってしまいます。

結婚式の準備について男性の本音は?

男性の気持ちとしては、決して面倒臭いからと、女性に任せきりにしているわけではないようです。

女性が得意とする分野は、女性に任せたほうが本人も納得いくだろう、という思いやりもあるようです。

さらに、ドレス選びなどの衣装決めは当日の楽しみにとっておきたいという男性も多いようです。

準備に消極的な旦那さんだとしても、決してヤル気がないと決めつけずに、お互いの負担が減らせるように分担できると、将来的な不安も減ると思います。

本当にこの人と結婚していいの?と不安になったあなたにはこちら。
結婚はしたいけど今の彼でいいの?好きか分からない時に確かめること

結婚式前に旦那を嫌いになる女性の心理とは

女性にとっては、結婚式は憧れのウエディングドレスを身にまとい、主役としてキラキラ輝く中、たくさんの方から祝福される夢の大舞台です。

準備から当日まで、何もかもワクワクで楽しみというイメージを抱いている方が多いようです。

一方で、男性は女性ほど結婚式に憧れを抱いているわけではないので準備に消極的な方が多いようです。

そのため、男女間で現実と理想のギャップが生まれてしまい、結婚式の準備期間だけでなく、直前まで旦那さんを嫌いに感じてしまう女性が多いようです。

結婚式の準備中のイライラは一種のマリッジブルー

この時期、多くの花嫁が、結婚式の準備のストレスや環境の変化によりマリッジブルーという情緒不安定な状態になりやすく、旦那さんへの嫌悪感もその一種である可能性があります。

今だけのことだと分かっていても、行き場のないつらい気持ちは自らを追い込んでしまいます。

旦那さんを嫌に思ってしまう原因が分かっているなら、正直に伝えてみてもいいのではないでしょうか。

もし本人に直接伝える勇気がないのならば、友人や彼の友達など、身近な信頼できる人に相談してしましょう

一生の思い出に残る結婚式を気持ちよく迎えられるように、あなたの周りの方はこころよく協力してくれるはずです。

結婚式の受付を誰に頼むか迷っている方にはこちら。
結婚式の受付はどうしたらいい?意外と知らない結婚式のあれこれ!


まとめ

結婚式は、一世一代の大イベントで手間がかかった分、夫婦二人の思い出に残る素晴らしいものです。

自分たちのためだけでなく、お互いの両親や友人などお世話になっている人たちのために挙げる結婚式は、準備にどんなに手間や時間がかかっても、決して妥協せずに二人で協力して乗り越えたいものです。

夫婦の意見がすれ違ってしまうことで喧嘩をしてしまったり、準備に協力的でない旦那さんが嫌になってしまうことは多くのカップルにあてはまります。

マリッジブルーの症状や苦労のかかる準備を含めて、結婚式という大舞台を二人で乗り越えることが大切です。

決して自分だけの問題だと一人で抱え込まずに、ネットの口コミを参考にしたり、彼自信あるいは周りの人に相談してしましょう。

ぜひ素敵な結婚式にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。