パンプスは素足で履くもの!?海外のパンプス事情を調査!

スポンサーリンク
 


海外ファッションって、いつもなんとなくカッコよく見えてしまいますよね。


でも、外国人のファッションの中には、日本人からみると意外な習慣もたくさんあります。


その一つが、パンプスを素足で履くことかもしれません。


日本人女性の場合、パンプスを履くときにストッキングやタイツを履かないで素足でパンプ
ス、という人はかなり少数派ではないでしょうか。


しかし、海外では、そんな日本人女性のストッキング事情の方が奇妙に映るようですよ。

海外でよく見かけるのが「レギンスだけ」ファッション。最近では日本の女性達の間でも流行ってきたようですが…
レギンスだけっておかしいの!?一枚履き忘れてると思われちゃう!?

パンプスには素足?ストッキング?日本と海外の感覚の違い

スポンサーリンク


実際に海外では、
ストッキングを履く女性を探す方が難しいかもしれません。


硬い職業の人で、ばっちりスーツを着こなしている人は、ストッキングを着用しています。


しかし、そうでない限り、ストッキングをはいている女性は、少なくとも私の周りにはいません。


私なりに海外女性と日本人女性の感覚の違いはどうしてかな、と考えてみたのですが、理由としては3つくらいかな、と思います。


① 日本人女性は素肌を露出するのを嫌う

外国人女性に比べると、日本人は伝統的に無意識なのか「肌を露出」するのを嫌がる風習から、ストッキングが一般的になっているような気がします。


スカートで足を出すときにも、最近でこそサンダルやミュールを素足で履きこなすという女性も増えましたが、それもあくまでもカジュアルですよね。


オフィスファッションとなると、
素足をそのままさらすのはなんとなくマナー違反に近いイメージがあるのかもしれません。


② 日本人の肌の方が繊細

日本人を含めたアジア人は、西洋人に比べて肌のきめが細かくてきれいといわれますが、その反面繊細、つまり敏感肌でもあります。


素足でパンプスを履くと、すぐに靴擦れしてしまう
人は多いはず。


とくに革製のものだったりすると、靴の寿命も短くなるので、靴のためにもストッキング着用の方が望ましいでしょう。

大切な靴を長く履きたいならこちらの記事をチェック!
新品の靴を早く履きたい!おろすのに最適なタイミングはいつ?


③ 欧米人は締め付けられるファッションを嫌う


欧米人は締め付けられるファッションを嫌う傾向にあると、私は見ています。


というか、むしろ日本人女性はおしゃれに見せるためにかなり我慢をしていて、えらい、と思います。


ブラジャー、補正下着、ストッキング…、


こういう
少しでも圧迫感のあるファッションは、とくに休日の欧米人にはウケません


こういうもので自分のスタイルをよく見せるのは、女優やモデルの仕事だと思っているのかもしれませんね。


ですから、仕事で必要でもない限り、
ストッキングのような「しんどい」ファッションは「No!」なんだと思います。

パンプスを素足で履くと靴擦れが心配対策はある?


そんな海外ファッションを見習って、さっそく自分も素足でパンプスを始めてみようかなという人もいるでしょう。


でも、先程もお話ししたように
素足でパンプスを履くときに気になるのが靴擦れですよね。


一度できてしまうと痛くて治りづらく、靴を履くたびにストレスになります。


そんな靴擦れも少し気をつけることで対策することは可能です。

簡単な靴擦れ対策

まずは、自分の足のサイズに合ったパンプスを選ぶこと。


これは、靴のサイズだけでなく、
幅やヒールの高さも気にしたいところです。


靴擦れしにくく、長持ちするパンプスが欲しいのであれば、あまりに安価なものを選ぶよりも
少し質の良いものを選ぶ方が賢明です。


そして、
歩き方によっても靴擦れのできやすさが変わってきます


とくにどんな靴を履いてもすぐに靴擦れができやすいという人は、歩き方がよくないのかもしれません。


正しい歩き方については、こちらを参考にしてみてくださいね。


そして、靴擦れ防止法として、新しいパンプスを履くときには、
あらかじめ靴擦れしやすい箇所にばんそうこうを貼っておくという方法もあります。


少し、見た目には悪いですが、最初の数回だけでも貼っておくと、靴擦れしにくくなるはずですよ。


試してみてくださいね。

いつも靴ずれに悩んでいるならこちらの記事もおすすめです。
靴ずれでかかとに水ぶくれの対処法とは?新しい靴でもこれで大丈夫!


まとめ


海外と日本のパンプス&ストッキング事情についてまとめてみました。


海外では素足でパンプスというのは日常的です。


でも、それは日本との気候の違いや、日本人と欧米人との体質や肌質の違いも関連していそうです。


ですので、日本で毎日素足にパンプスというのが、必ずしも快適かどうかは疑問です。


注意したいのは、革製のパンプスは素足で履くと寿命が短くなる、ということと、ストッキングを履くことで足のむくみ軽減にもなるということです。


海外ファッションにあこがれる気持ちもわかりますが、色々試しながら、自分がもっとも快適に過ごせるファッションスタイルを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。