出産の内祝いのマナーとおしゃれな品をご紹介!どんなギフトがいい?

スポンサーリンク
 


産休で会社を休んでいたところ、職場の上司や同僚のから出産祝いをもらいました。

このような場合、内祝いを贈る相手が、妊婦や新米ママならどんなものを渡そうか、どんなものをもらえば嬉しいかが手に取るように分かります。

でも、会社の人たちにはどんなものを内祝いとして贈ればいいのでしょうか。

この時期は出産準備もしなくてはなりません。
出産準備はいつからすればいいの?妊婦さんのお悩み解消!

そもそも出産の内祝いとは?相場はどのくらい?

スポンサーリンク

内祝いという単語自体はよく耳にすることがありますが、その意味がよくわからない人も多いようです。

そもそも「内祝い」って具体的に何すればいいの??

そんな疑問をお持ちの方のために、ここでは内祝いの意味と、その相場についてご紹介したいと思います。

内祝いとは

もともと「内祝い」とは、内輪のお祝いのことを指します。

具体的には、親しい人や身内の間で喜びを分かち合うことためにお祝いをするという意味合いがあります。

「我が家におめでたいことがあったから、その喜びをいつもお世話になっている人たちにも分け合いましょう」というもので、本来は「お返し」という意味ではありません

以前は、遠方の親戚などは内祝いをもらって初めて、「あちらのご家族でおめでたいことがあった」というのを知る場合も少なくなかったんだとか。

現在では、内祝い=いただいたお祝いのお返しという意味合いが強くなりました。

「出産内祝い」という言葉も一般的には、頂いた出産祝いのお返し、という意味で使われることが多いようです。

出産内祝いの相場はどのくらい?

出産内祝いの金額は、いただいた品物や金額の3分の1~2分の1程度が目安です。

出産内祝いでは、いただいた品物の金額より高くなることは避けるのが一般的です。

高額なお祝いをいただいた場合には、相場通りにお返しをするとかえって相手に気をつかわせてしまいます。

両親や親戚、目上の人から高価なものをいただいたときには、相場にこだわったり、形式ばかりを優先するのではなく、感謝の気持ちが伝わりやすい贈り物を選びましょう。

また、いただいたお祝いの3分の1以下の金額でもマナー違反だと思われてしまいます。

さらに、金額にこだわりすぎて相手の好みに反したものを贈ると、内祝いに限らず、相手は困ってしまいます。

金額の相場と相手の好みを考えながら選ぶようにしたいですね。

結婚式のご祝儀の相場も立場によって注意が必要です。
お祝いのはずが縁起が悪い!?結婚式のご祝儀の相場はいくら?

出産の内祝い、男の子・女の子別にご提案!

内祝いが何かはわかったけど、いったいどんなものを送るのが正解?送っちゃいけないものってあるのかな?

そんな心配もここで解決しておきましょう!産まれてくる赤ちゃんが男の子、女の子の場合におすすめのギフトもご紹介します。

出産内祝いとして送ってはいけないもの

出産内祝いは、引越しの際のキャンドルのように、特別送ってはいけないもの

というのがありません。

しかし、強いて言えば、とくに目上の方には、金券や商品券などのように、一目で値段の分かってしまうものは避けておいたほうが無難でしょう。

出産内祝いとして無難なもの

内祝いとして無難なのは、いくつあっても困らないタオル類や洗剤、日持ちするお菓子などがおすすめです。

相手が自由に好きなものを選べるカタログギフトも最近は人気です。

ただし、注意が必要なのは、赤ちゃんの名前や生年月日が入った名入れギフトは注意が必要です。

名入れギフトは、両親や親族の人には喜んだり驚いたりしてもらえる一方で、会社の上司や同僚など血のつながりのない他人の場合は、「名前が入ったものは困る」と感じることもあるようです。

男の子の場合の内祝いとしておすすめのもの

たとえば食べ物を送る場合、メロン風味やブルーベリー系のもの。

タオルを送るなら青や緑などのカラーを選ぶとよいでしょう。視覚情報から無意識に男の子を連想しやすくなるため、おすすめです。

女の子の場合の内祝いとしておすすめのもの

男の子の場合と同じ理由で、食べ物ならいちごやリンゴを用いたもの。

タオルならピンク色や赤系統の暖色系のものがおすすめです。

また、お花のモチーフなどが入っていても女の子を連想しやすくなりますよね。

男の子でも女の子でも、内祝いとしてとくに決まりがある訳ではないのですが、男の子だった場合と女の子だった場合で、それぞれ別のものを用意すると、遊び心があってもいいかもしれません。

ちなみに、これは全くの個人的な話ですが、生まれた赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米が送られてきたときは面白いなぁ!と感心してしまいました!

最近では、赤ちゃんの出生体重にちなんだ内祝いも人気が出てきているようなので、こちらもおすすめですよ。

産まれてくる我が子が早生まれの場合、こんなことを気にしていませんか?
早生まれは損しかない!?早生まれの気になるアレコレを紹介!


まとめ


いかがでしたか?

  • 出産内祝いは自分たち家族の幸せのおすそ分け
  • 今では「内祝い」=「お返し」という解釈でもOK
  • 内祝いの相場は、いただいた贈り物の3分の1~半分程度が目安

出産内祝いは、贈る品物の中身よりも気持ちが大切です。

贈る相手のことを考えて選んだものであれば、きっと感謝の気持ちはきちんと伝わると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。