結婚式への参加は招待状から始まっている!?返信にもマナーを心がけよう

スポンサーリンク
 


結婚式の参加が初めてだったり、
まだ慣れていないときは
失礼がないようにしなければいけないし
どんなマナーがあるかよくわからないものです。

結婚式の招待状をもらったけど
この後はどうすればいいの?
という方に、結婚式の招待状を受け取った後の
流れをご説明します。

結婚式の招待状を返信するときはお祝いのメッセージを添えると◎!

スポンサーリンク

結婚式の招待状をもらったら
出欠について返信を出す必要があります

その際にお祝いに添えるメッセージとして
上司や同僚、プライベートの友達などで
形式は変わりますが

今回はプライベートの友達への返信を例に、
お祝いメッセージの例文をご紹介します。

《文例

・〇〇ちゃん、ご結婚本当におめでとうございます!

・〇〇ちゃんの綺麗な晴れ姿を見れるのが
 楽しみです。

・きっと旦那さんは素敵な人なんだろうなぁ~!

・ご招待いただきありがとうございます!
楽しみにしています。


結婚式の招待状への返信
では、
このような一文を添えるだけでOKです。

プライベートの友達であれば、あまり硬くならず、
お祝いの気持ちを素直に伝えるだけで十分です。

また、友達と思い出についてのメッセージであれば、
オリジナリティが出て、
友達にもきっと喜んでもらえると思います。

結婚式の招待状を貰ったら、早めに返事を出しましょう

結婚式の招待状への返信は
早めに出すのがマナーです。

出席できるかまだわからない、
という場合などを除いて、
3日以内には出すようにしましょう。

新郎新婦は出欠状況を確認して、
披露宴の席の配置や段取りなどを調整するので、
遅くなってしまうと迷惑をかけてしまいます。

すぐに出席できるかわからない場合には、
電話やメールでもいいので事情を伝えておく
親切でしょう。

その際には、予定が確定するであろう時期を
伝えておくようにしましょう。

事前に連絡をもらったはいいけれど
いつまで待てばよいかわからない、
という不安を与えない配慮も必要です。

出席できるかどうかがわかったら、
まずは電話やメールで連絡を入れておき、
その後招待状への返信もきちんと郵送しましょう。

友達という親しい間柄でも
お祝いの場ではマナーや礼儀が大切
式を挙げる本人たちが気持ちよく
結婚式当日を迎えられるように
配慮してあげるのも友達としての優しさです。


まとめ

いかがでしたか?

結婚式へ招待されたら、
招待状の返信から結婚式は始まっていると
思っていいでしょう。

招待状を受け取った後の対応一つでも、
誠意や人柄は現れるものです。
招待してくれた人との今後の関係性にも
影響を与えることもあります。

結婚式は、
式を挙げる本人たちにとっては
一生に一度
のこと。
だからこそ、あなたの対応も記憶に残りやすいのです。

お祝いの気持ちをしっかり伝えて、
自分自身も気持ちよく出席したいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。