シミのない人はどんなケアをしてるの?綺麗な肌になりたい人必見!

スポンサーリンク
 


気候が暖かくなると、アウトドア派の人は家の中に閉じこもっていられなくなりますよね。

ポカポカして気持ちがいいし、春や夏にかけて楽しいイベントもたくさん!

でも、そんなとき、女性にとって気になるのが紫外線です。

外出することが増えると、シミ対策も気になるところ。

しかし、中には同じように紫外線にあたっていても、シミができやすい人もいればシミのない人もいたりしませんか。

シミのない人というのは、どのようなお手入れをしているのでしょうか。

アウトドアでの日焼け対策についてはこちら。
キャンプですっぴんは避けるべき?日焼け対策だけではだめ!?
紫外線はほうれい線の原因でもあるのをご存知ですか?
いったい何が違うの!? ほうれい線ができない人とできる人の違い

シミができやすい人とそうでない人の違い

スポンサーリンク

実は人によって、シミができやすい人とそうでない人がいるようです。

シミができやすいのは、もともと色白の人です。

お肌の色が白い人は、日焼けするとすぐに赤くなりますが、あまり黒く日焼けが残ることは少ないです。

しかし、このような人は体質的にメラニンの量が少なく、紫外線を浴びたときには他の人よりも多くのメラニンが生成されてしまいます。

つまり、紫外線ダメージは、もともと色白の人の方が大きく、メラニンが多く作られることでシミになるリスクも高くなるんです。

また、普段から生活習慣が乱れていたり、冷え性など血行が良くない人というのは、お肌の生まれ変わりサイクルも遅れがちになります。

このため、他の人に比べると、肌の中のメラニン色素が排出されにくくなってしまいます。

メラニンがスムーズに排出されず、肌の中に色素沈着してできるのがシミですから、このような人もシミができやすいといえるでしょう。

冷え性の改善についてはこちらをさんこうにどうぞ。
治らないと諦めていない?冷え性を治す方法は○○!?

シミにはできやすい場所がある!?

実は、シミにはできやすい場所というのが決まっています。

顔でシミが目立つところは、目の周りです。

額は体の中でも太陽に最も近い位置にありますので、紫外線のダメージを受けやすいパーツです。

前髪で隠れていても、髪の毛では紫外線を遮断することはできません

頬も、頬骨があるためにでっぱっているので、紫外線を浴びやすい場所です。

この場所は、肝斑(かんぱん)と呼ばれる左右対称のシミができやすい部位でもあります。

目の周りは、もともと他の部分に比べて皮膚が薄く、外的ダメージを受けやすい部分です。

そのため、紫外線だけでなく摩擦のようなダメージによっても、メラニンを発生しやすく、シミができやすくなります。

シミができやすいのは顔だけじゃない!?


シミができやすいのは、顔だけではありません。

顔と同じように露出している手や腕、デコルテなどもシミができやすいです。

肩や背中は、比較的服で隠れていますが、強い紫外線が降り注ぐ季節になると、薄い衣服を通して、肌に紫外線が届いてしまうこともあります。

また、背中などは、日焼け止めを塗り忘れたりすることも多いですよね。

そのような油断がきっかけで、シミができてしまうことも少なくありません。

シミができやすい体質は改善できる?

シミができやすい体質を改善するのには、生活習慣食べ物が大切な要素です。

最近では、食品の中でも抗酸化作用の高いものが美容によいと言われていますね。

抗酸化作用のあるものは、お肌の老化をゆるやかにしてくれるので、シミ対策としても効果的です。

ビタミンCやビタミンEは、抗酸化作用のあるものとして、とくによく知られています。

その他には、ポリフェノールを含む食品を積極的に摂取するのがおすすめです。

また、シミ対策として、美白化粧品を使うのもおすすめです。

化粧品を選ぶときには、美白成分がきちんと配合されているものを選ぶようにします。

美白成分としてチェックしたいのは、以下の成分が有名なところでしょう。

・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・レチノール
・プラセンタエキス

これらが入っている化粧品を選び、毎日継続してスキンケアを行うようにします。


まとめ

いかがでしたか?

シミのない人になるためにどんなケアがよいのかについて、まとめてみました。

シミは誰にでも起こる老化現象と思っていると、意外なことにシミができにくい人もいるんですね。

シミができやすいのは体質、と言われると、なかなか改善できないのかなと思いますが、ちょっとしたことを気をつけるだけでも体質を変えることは可能です。

毎日の生活習慣と食べ物で、紫外線に強いお肌作りを目指しましょう。

紫外線は小じわの原因でもあるので、しっかり対策しましょう。
30代からは乾燥小じわは避けられない!?対策はできる?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。