顔の目立つホクロを取りたい!だけど、方法は?予算は?リスクは?

スポンサーリンク
 


コンプレックスは誰にでもあるもの。

顔のホクロが気になる女性となると、
悩みは深く解消したいですよね。

そこでホクロの治療法や料金などについて
調べてみました。

ホクロが多い人必見!コンプレックス解消には取る以外にも方法が!?

スポンサーリンク

自分でホクロを取る方法もあるのですが、
リスクが高く失敗すると跡が残ったり
悪化する危険性もあります。

1つの方法としては
お灸をホクロにつけ熱の力を使い
ホクロを乾燥させるとポロっと取れます。

取れたあとは、跡が赤くなり
体液や血などが滲みますが、
軟膏消毒などをしっかりし
アフターケアに気をつけなければいけません。

この方法は火傷の危険性があるうえ、
慎重に作業しなければ
ホクロの周りの肌にも影響があるため、
あまりおすすめはできません。

もう1つの方法としては、
専用のクリームを使い
ホクロを取ります。

直接ホクロを取り除くのではなく、簡単な方法です。
時間はかかりますが、安く出来るのも魅力の1つです。

専用のクリームを3種類ご紹介します。
天然ハーブフェノールタイプ漢方タイプ
あります。

天然タイプは1ヶ月ほどかかり、
ホクロに傷をつけその上から塗ります。
気をつけるのは傷口ケアでばい菌などが
入らないようにしないといけません。

フェノールタイプの場合は、
石炭酸という成分の刺激が強い
ため
ホクロの周りの肌につけないように注意します。

漢方タイプ天然成分なので他の2つと比べて
副作用が少なく2週間程で取れますが、
赤みがしばらく残ります。

ご紹介したクリームでの場合についても、
その時の肌の状態にもよりますし、
逆に痛めてしまうケースもあるので
事前に慎重に考えてから試すようにしましょう。

※効果には個人差があります。また、こちらの記事は除去方法の
  例の紹介であり、自己処理を推奨するものではありません。

それでもやっぱりホクロを除去したい!安い除去方法はコレ!

安い除去であれば炭酸ガスレーザーがあります。
ホクロ組織を水蒸気にし蒸発させる方法で
普通のレーザー治療より
肌組織に影響しにくいという利点があります。

ホクロの大きさによっては麻酔を使うようなので、
痛みは少ないです。
この方法は、出血と治療期間が短いのがメリットです。

一方、デメリットについては
この方法は盛り上がりがあるホクロに対して
有効であるため、
場合によっては
取り残しがあることがあります。

料金については、5,000円前後が一般的なようです。

また、通常のレーザー治療法ですが、
価格はホクロのサイズ2mm~3mmで1万円
1mm大きくなるごとに5,000円~10,000円の
追加料金が加算されます。

ホクロの治療法はたくさんありますし、
クリニックや整形外科、皮膚科などによって
料金や技術の差もあります。

医師の手で行うのでより確実ですが、
各施設の口コミなどを調べたり、
実際に電話で聞いていたり

診察に行ってみるのもいいと思います。

自分が納得するまできちんと事前に調べること
おすすめします。


まとめ


いかがでしたか?
ホクロの治療にはたくさんの方法がありますが、
それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので
自分にとって最善の方法を考え、選択しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。