今年のバレンタインは一味違う!チョコ以外の手づくりギフトをあげよう

スポンサーリンク
 



バレンタインといえば、
やっぱりチョコレートですよね。
皆さんはバレンタインの日、恋人や好きな人に
プレゼント贈ったことはありますか?

長く付き合っている彼氏がいる場合や、
結婚して何年も経つ夫婦の場合、
何をプレゼントしようか迷ってしまいますよね。

今回はバレンタインの本来の意味、
そしてこれまでとは一味違うギフトについて
まとめてみました。

 

そもそもバレンタインの意味って? どうしてチョコなの?


スポンサーリンク

2月14日には世界中でバレンタインが
お祝いされていますが、
そもそもなぜこの日なのでしょうか? 

バレンタインの歴史を振り返ると、
イタリアのローマ帝国時代に遡ります。
イタリアのローマでは、
2月14日は結婚と家庭を司る神様、
女神ユノの祝日でした。

 また、2月14日は古代ローマの祭の一つである
豊穣祭「ルペルカリア祭」の前日でもありました。
この祭でパートナー同士になった
多く男女がそのまま恋に落ち、
結婚したと言われています。

 その後この祭は廃止され、ローマ帝国皇帝は、
戦争の士気を保つために
兵士たちの婚姻を禁止してしまいました。

キリスト教の司祭であったヴァレンティヌス
(バレンタイン)
は、
婚姻を禁止されて
嘆き悲しむ兵士たちを憐み、
彼らのために内密に結婚式を執り行っていました。

その噂が皇帝の耳に入り、
皇帝は結婚式を止めるように命令しました。
しかし、ヴァレンティヌスは命令に
屈しなかったために、
彼は処刑されてしまったのです。

 彼の処刑の日はユノの祭日であり、
ルペルカリア祭の前日である2月14日が選ばれました。

その後、
キリスト教徒が彼を称えたお祝いを始めたのが
バレンタインの始まりとされています。

この日は祭日となり世界中日に広まって、
恋人たちのための日となりました。


日本では、女性から男性へチョコレートを贈る日
として定着していますが、
これは日本独自の文化だということをご存知ですか?

日本式の「女性から男性へチョコレートを贈る」
という形が確立したのは、1970年代後半だそうです。
一説では、製菓会社がバレンタインに
チョコレートを宣伝したのが始まりと言われています。

最近では、恋人に対してだけではなく、
色々な相手にチョコレートを贈ることが
一般的になっています。
例えば、
義理チョコ」や女性同士で贈り合う「友チョコ」、
更には男性が女性に渡す「逆チョコ
なんていうのもあります。
また、自分へのご褒美として「自己チョコ」、
女子力高めの男性達が男友達に贈り合う
強敵(とも)チョコ
というものまであるようです。

バレンタインにピッタリ!チョコ以外の手作りギフトで彼を驚かせちゃおう!

 

バレンタインといえば
チョコレートを贈ることが主流ですが、
今年は手作りに挑戦して
これまでとは違うギフトを贈ってみませんか?

 手作りと聞くと「ハードルが高い!」と
感じるかもしれませんが、
最近は簡単なキットが売られていますし、
ネットを検索すれば簡単に作れて
豪華に見えるレシピを見つけることもできます

甘いものが苦手な男性向けや、
ダイエット中の友達向けには、
ちょっと工夫したギフトを贈ってみるのもいいですね。

チョコレート以外の手づくりレシピについては、
様々なアイディアもあるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://www.oyakudachibook.com/2092.html

 せっかく贈るなら、
相手が喜ぶものを贈りたいですよね。
チョコレート以外の手作りギフトを贈って、
他の人と差をつけてみてはいかがでしょうか。 

新しいことへ挑戦して、最高のバレンタインに

いかがでしたか?

 日本のバレンタインは海外とはちょっと違いますが、
気になる彼にアピールしたり、
付き合っている彼に日頃のお礼をしたりするなら、
バレンタインデーは最適の日ですよね。

 毎年チョコレートを贈っているなら
ぜひ今年は違うギフトにトライして、
気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。