便秘解消に効く食べ物とは?慢性的な便秘は食べ物で改善できる!?

スポンサーリンク
 


おなか周りに贅肉がついてるワケでも、食べ過ぎたワケでもないのに、食事の後はおなかが張って苦しいしボトムスがきつい…

本当にどうしようもないときには薬に頼るけど、頻繁にお手洗いに行けないときには使えないし、今度はおなかを下してしまって本末転倒。

そんな日常生活に支障をきたす慢性的な便秘。

実は「意外なモノ」が原因で、「ある方法」で改善できるかも…?

さっそくそれらを突き止めて、ぽっこりおなかを卒業しちゃいましょう!

慢性的な便秘でおならが気になる方はこちらの記事も参考にどうぞ。
彼にバレたら即幻滅!?おならが止まらない原因とは

便秘の原因が不明ストレスでも便秘になるってホント!?

スポンサーリンク

あまり食べ過ぎないようにしているし、きちんと水分も摂るようにしている…

だから、便秘になる原因に心当たりがない!

この記事を読んでいる方の中には、そんな悩みを抱える方も多いのではないのでしょうか。

もしかしたら見落としている、思わぬ要因があるのかもしれません。

では、便秘の代表的な原因を確認してみましょう。

消化器の病気(器質性便秘)
大腸がんやクローン病(簡単にいうと消化管に炎症が起こる病気)などが原因の便秘です。

腸の構造に異常が起こるため、物理的に便が通れなくなります。


内科的な病気(症候性便秘)
糖尿病やパーキンソン病など(脳の異常によって体に障害があらわれる病気)により、臓器の機能が低下することが原因の便秘です。


薬の服用による副作用(薬剤性便秘)
服用している薬が原因の便秘です。
よく知られているものとしては、抗コリン薬や抗うつ薬などが挙げられます。


ストレスや生活習慣の乱れ(機能性便秘

ストレスなどにより、腸の働きが低下することが原因の便秘です。
とくに思い当たる原因のない便秘のほとんどは、これに分類されます。

生活習慣を気をつけているつもりでも、仕事や育児でストレスがたまっているために、腸が機能しづらくなってしまうのかもしれません。。


女性ホルモン
排卵から月経の時期に多く分泌される、黄体ホルモンの働きによって、腸のぜんどう運動が抑制されることが原因の便秘です。

男性よりも女性に便秘が多いのは、女性ホルモンが関係しているともいわれています。

さて、どうでしょうか?

思い当たる原因、ありましたか?

先程も少し触れたように、生活習慣については気をつけている人が多いのですが、便秘の原因はそれだけではなく、ストレス過多が影響していることもあります。

仕事や家事、人間関係などで、知らず知らずのうちに蓄積されている場合も少なくないようです。

たまには息抜きしてみることも大切かもしれませんね。

便秘薬には頼りたくない!腹痛や下痢にならない便秘解消の方法とは?

とはいっても、息抜きすることすら案外簡単にはできないこのご時世。

あまりにつらい症状が続くと、つい薬に頼りたくなります。

でも、そうすると今度は逆におなかを下してしまう…。

ストレスも簡単には解消できないし、薬にも頼れない。

このような場合には、基本に立ち返って、以下のことに気をつけてみましょう。

便秘の解消にはこちらの記事もおすすめ。
大事な場面なのにおならが止まらない!もしかして病気!?

便秘を解消するための食事法


食物繊維
便秘に効くとされる食物繊維。

実は、食物せんいにもよいものと、かえって悪いものとがあるんです。

よいものは「水溶性食物繊維」と呼ばれるもので、水に溶けやすい食物繊維です。水に溶けるとゲル状になるのが特徴です。

具体的には、りんごやバナナなどの果物に多いペクチンや、こんにゃくなどのグルコマンナンなどのことです。

多く含まれる食材:果物、こんにゃく、海藻類、オクラなど


発酵食品
発酵食品は、腸内環境を整えることで、乳酸菌などを増やしてくれる役割があります。

腸のぜん動運動が正常化することで、便秘解消につながります。

代表的なもの:ヨーグルト、味噌、醤油、納豆、漬物など


さて、便秘に効く食べ物をあげてきましたが、基本的には一日三食、規則正しく食べることが一番大切です。

朝食を抜いたりすると、リズムが崩れてしまい便秘になりやすくなるので、気をつけましょう。

便秘を解消するための生活習慣


適度な運動
忙しい普段の生活の中で、運動する時間を作ることは簡単ではありませんが、激しい運動じゃなくてもいいのです。

通勤のときに少し早足で歩いてみるだけでもだいぶ違うそうですよ。

他にも腹筋を鍛えることも効果的です。

腹筋を鍛えることで、腸のぜんどう運動が促進されるだけでなく、直腸の働きがよくなることで、便を押し出しやすくなります。


身体を温める
身体が冷えていると血流が悪くなり、胃腸だけでなく内臓全体の機能が低下してしまいます。

冷たいものを食べ過ぎないこと、ゆっくり浴槽につかる習慣を身につけるとよいでしょう。


まとめ

いかがでしたか?

便秘解消には、以下のことを心がけましょう。

  • 便秘の意外な原因はストレスかもしれません
  • 薬に頼らないためには、身体によい食物繊維と発酵食品を摂取しましょう
  • 適度な運動、身体を温めることを習慣にしましょう

以上のことを少しずつでも継続して、習慣にすることで、気になるぽっこりおなかとサヨナラしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。