副業でこっそり稼いでバレない方法とは?実はみんなやってる!?

スポンサーリンク
 


最近では、アフィリエイトや株・FXなど、誰でも簡単に副業ができるようになりました。

主婦だけではなく、サラリーマンやOLの方で副業をしている方も少なくありません。

副業が浸透していく一方で、副業を禁止している企業も多くあるのが現実です。

では、どのような副業であれば会社にバレずにできるのか…今回はその方法と、オススメの副業について紹介いたします。

副業を始める前に心得ておくべきことがあります。
副業を始める前に知っておきたい!会社にバレない税金対策!

今や副業は当たり前!バレない&女子におすすめの副業7

スポンサーリンク

では、なぜ副業が会社にバレてしまうのでしょうか?

副業で年間20万円以上の収入を得ると、確定申告と納税の義務が発生します。

この確定申告をすることによって、会社に副業をしていることがバレてしまいます。

住民税は会社の給料から天引きにされていることがほとんどです。

住民税は収入によって決まるため、会社の給与以上の収入があるとすぐに分ってしまうんです。

会社に副業はバレたくない!という女性向けの副業をご紹介します!

1.在宅チャットレディ(目安時給:2000円~6000円)

“チャットレディ”

みなさんも一度は聞いたことがあると思います。

一言にチャットレディと言っても、企業へのクレームや質問に答えるようなものから男性と1対1で話をする、というものまで様々。

目安時給は平均的な額で、1対1かグループチャットか、アダルトOKかなどで時給は変わってきます。

平均月収で言うと10万を超えることが多く、確定申告は必須となります。

2.ポイントサイト(月収目安:1000円程度)

こちらも在宅で好きな時間にできる副業です。

メリットはポイントサイトに登録して、送られてくるアンケートに答えたり動画を視聴したり、検索するだけでもポイントが加算されます。

溜まったポイントは現金や、amazonなどのポイントに変換可能です。

デメリットとしては、ほとんどの方が月数百円ほどの収入にしかなりません。
ポイントサイトを10~20個登録することによって1,000円単位の収入が見込めます。


3.ハンドメイド商品の販売(月収目安:2万円~)

手先が器用で、もの作りが好きな方にオススメの副業です。
自分で作った雑貨やアクセサリー、便利グッズなどをインターネットのフリマサイトや実際の地域などで開催されているフリマで販売します。

材料費がかかる副業なので、売価がそのまま収入にはなりません


4.ブログでアフィリエイト収入(月収目安:5万円~)

houchi300.png


こちらは主婦の方やペットを飼っている、
またはイラストが得意な方にオススメの副業です。

ブログを執筆し、その内容に類似している企業や商品の広告を貼り付けることで、ブログへの訪問者が広告を見たり商品を購入することによって、インセンティブとして収入が得られます。


5.メールレディ(月収目安:3~5万円)

上で紹介したチャットレディのメールバージョン。

完全歩合制のため、こちらも常連客がつけば数時間で1万円単位で稼ぐことも…。しかし、こちらも常連客がつくまでは月収数千円もありえます。


6.単発モデルやモニター(報酬目安:1回数千円~)

ヘアカットモデルや、エステの美容モニターです。キレイになれるだけではなく、収入も得られて一石二鳥ですね。

知人の紹介などで始められる方が多いです。


7.クラウドソーシング(月収目安:数千円~10万円)

クラウドソーシングとは、インターネットやパソコンを使って在宅で働くことです。

主にはデータ入力や、記事代行(ライター)など。特別なスキルがある方は、イラストや動画作成・レコーディングなどの仕事があります。

クラウドソーシングの依頼者と受注者のマッチングサイトなどもありますのでご自身の特技を生かして、気軽に始められる副業です。

副業が成功して独立する場合には、クレジットカードの整理も必要です。
知らないと損?!クレジットカードの解約方法

副業をはじめたら税金はどうするの?バレないために気をつけること

副業での月収が20万円以上になると、納税の義務が発生し、確定申告や納税をしないのは犯罪行為となります。

では、会社にバレないように確定申告と、住民税の納税方法をご紹介します。

ポイントは、副業分の住民税は自分で払う、ということです。

ですが、通常通り確定申告するだけでは会社のほうに副業分の住民税が加算されます。

たった2つの事をするだけで、会社にバレずに副業ができちゃうんです!

その1 副業分は普通徴収にする

住民税には「特別徴収」と「普通徴収」という納入方法があります。

給料からの天引きは、「特別徴収」にあたります。
後者の「普通徴収」とは、自分で税金を納入する方法です。

副業分の確定申告の際に、住民税の納入方法を選べるので必ず「普通徴収」を選択するようにしましょう。

その2 電話で念押しする

多くの場合は、上でご紹介した「その1」の確定申告をしっかりしていれば問題ありません。
念のために、自分が安心するためにも先述の手続きに加えて、3月中旬役所の納税課に電話してみましょう。

そこで、副業分の住民税が普通徴収になっているか確認して下さい。
自分でした手続きに加えて、電話で確認が取れればより確実になり安心できますよね。


副業は会社にバレずにできる!



いかがでしたでしょうか?
副業を始めるのは比較的簡単です。また、その種類も様々で多岐にわたります。
確定申告などの少しの手間を惜しまなければ、会社にバレることもないでしょう。

自分にあった副業を見つけて、今よりも充実した生活を送りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。