会社でもあだ名で呼ぶのはあり?友達じゃないのに!

スポンサーリンク
 


職場の上司に対して、こっそりあだ名をつけて呼んでいたり、同僚をあだ名で呼びすることはありますよね。

一方で、上司が部下をあだ名で呼んでいる場合もあるかもしれません。

いくら上司だからといっても、人によってはあだ名で呼ばれることを気にする人と気にしない人がいます。もちろん嫌な気持ちになる人もいますよね。

今回は、職場であだ名を使うことについてまとめてみました。

会社で上司からあだ名で呼ばれるのはパワハラにならないの?

スポンサーリンク

一般的には、上司が部下を呼ぶとき、以下のような呼び方が多いようです。

  • 苗字で呼び捨て
  • 苗字に「さん」をつけて呼ぶ
  • 男性は呼び捨てで女性には「さん」をつけて呼ぶ
  • 男女ともに下の名前で呼び捨て
  • 人によって下の名前、もしくはあだ名

会社での呼び方には、その時代によっても様々だと言われています。

基本的には(とくに古い体質の会社では)、上司に対しては役職名で呼ぶ、上司は部下を苗字で「さん」をつけて呼ぶのが一般的なようです。

ただし、それも職場の環境によって異なってくるものです。

風通しがよく上下関係がそれほど厳しくない環境の職場では、さきほどご紹介した基本とされている呼び方が違う場合もあるでしょう。

では、上司からあだ名で呼ばれることはパワハラにはならないのでしょうか?

職場でのセクハラ、パワハラについては、受け取る側の感じ方によるとされています。

ですので、部下の呼び方についても、呼ばれている本人が不快に思ったり嫌な気持ちにならなければ問題ないと思われます。

しかし、呼ばれる本人が嫌がっているにも関わらず、そのあだ名で呼び続けることはパワハラやセクハラに当たる場合があります。

上司が親しみを込めたつもりで呼んでいるあだ名であっても、相手が嫌だと感じているならパワハラにあたるので注意が必要です。

呼ぶ側は、これぐらいなら大丈夫だろうと勝手に判断せずに、あだ名で呼ぶのは避けておく方が無難でしょう。

職場の部下や同僚の呼び方に親しみを込めることは、コミュニケーションをはかる上での一つの手段ではありますが、呼ばれる側に嫌な思いをさせては意味がありません。

自分にとって不愉快なあだ名で呼ばれている人にとっては、それを相手になかなか伝えづらい場合が大半ですので、問題が顕在化しにくいのです。

ラフな会社と言えどあだ名で呼び合うのを戸惑う人も多数?

会社によっては職場の同僚があだ名などで呼び合うのが慣習になっているところもあるかもしれません。

では、世間の人は職場であだ名を呼び合うことに対して、どのように感じているのでしょうか。

この記事を呼んでいるあなたのように、あだ名で呼び合うことにに疑問を感じているものなのでしょうか。

職場に限らずですが、ネガティブな印象を与えたり、呼ばれる本人が嫌がると考えられるあだ名としては、以下のようなものが挙げられます。

  • おたく
  • あんた
  • あだ名
  • 「ちゃん」
  • きみ
  • 下の名前で呼び捨て
  • お前   など

houchi300.png

こうしたあだ名を付けられて、不快に感じている女性は多いようです。

一方で、あだ名で呼ぶことを悪くないと考えている人は、それを嫌な気持ちになる人と考える人よりも多いようなのです。

しかし、先ほども述べたように、あだ名で呼ばれることにどう感じるかは、人によります。呼ばれる本人がどう感じるかが一番重要なのです。

あなたが、あだ名で呼び合う職場の慣習に馴染めるとは限りません。

どうしても我慢できないときには、職場の信頼できる相手に相談してみましょう。本人から嫌だと言うことは難しいので、同僚の力を借りてあだ名で呼んでいる人に本人が嫌がっていることをそれとなく伝えてもらうのです。

呼ばれている本人から直接聞かされるよりも効果テキメンかもしれませんよ。


まとめ

いかがでしたか?

職場での雰囲気がよくなるという理由から、職場でのあだ名呼びに肯定的な意見が多いと言っても、呼ばれる本人が嫌な気分になってしまっては本末転倒です。

あだ名で呼ばれることに抵抗を感じたり、それがストレスになるようなら、信頼できる同僚に相談してみるのもいいでしょう。

自分にとって嫌だからといって、相手にとって不快になるようなあだ名をつけて影で呼ぶようなことはくれぐれもやめておきましょう。

職場ではいつ、誰が聞いているかわからないのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。