新品の靴をおろすのに最適なタイミングはいつ?いきなり履いたらヤバイ!?

スポンサーリンク
 



服や靴、バックなど、新しいものを買ったときは早くおろして使いたくなりますよね。


でも、新しい靴をおろすときには、昔からタイミングには注意が必要であると言われているようです。


靴はいつ、どんな方法でおろすのがいいでしょうか?まとめてみました。

新品の靴を履く前にチェックするべきことは何?

スポンサーリンク


新品の靴をおろす前に、事前に靴のお手入れをしておくと長持ちします。


では、おろすまえのお手入れはどのようにすればいいのでしょうか。


シューツリーを購入しておきましょう

シューツリーは、靴の型崩れを防いで、靴を長持ちさせてくれます。


シワを伸ばしたりもできますので、シューツリーを使うだけでも靴の寿命はかなり伸びるはずです。


大切な靴にはとくに、必ず用意して使いましょう


以下のようなレディース用のものをきちんと用意しましょうね。



革靴ならクリームなどで保湿しましょう


革靴は日頃のお手入れが大切ですが、それは購入してから履く前も同様です。


革靴は、作られてから手元に届くまでに乾燥している場合が多いので、購入した後に保湿することによって、よい状態を長く保つことができます。


靴の保湿の仕方がわからない場合は、購入するお店の人にお手入れの方法を確認するなどして、クリームなどで靴を保湿してあげましょう。


クリームは、靴を購入するお店でも買うことができます。



傷を防ぎましょう

こちらもとくに革靴に言えることですが、保湿クリームを塗れば大丈夫というわけではありません。


長持ちさせたい場合には、さらに上からワックスを塗るなどして傷からも守ってあげましょう。

おろす前のお手入れでこんな効果が?


靴をおろす前にお手入れすることによって、靴擦れを防止する効果が期待できます。


クリームで保湿することで、靴を柔らかくすることができ、それによって靴擦れを防止することにつながります。


靴の劣化を遅らせることもできますし、靴擦れしない靴は、その分長く使うことができます。

営業などの仕事には欠かせないパンプスですが、脱げやすいという悩みを持つ方多いですよね。お気に入りなのに歩くとパカパカしてかっこ悪い…小さいサイズだと足が痛くなる…そこで、今回はパンプスが脱げにくくなる対処法をご紹介します。

新品の靴を綺麗なまま維持するための正しいお手入れ法


靴を保湿したりワックスを塗ったりするのと同じぐらい大切なのが、使い続けていく上でのお手入れです。


どんなお手入れの方法があるのでしょうか?見ていきましょう。


履いた靴は休憩させましょう

お気に入りの靴はたくさん履きたいですよね。


でも、靴を履いた後の3日間程度は、その靴を休憩させることも大切です。


足(両足)は1日にコップ1杯分も汗をかく
とも言われています。


履いた後にしばらく休ませることで、内側を乾燥させることもできて、臭いがこもるのを防ぐことができます。


雨で濡れてしまったら乾燥させましょう


雨で濡れてしまった場合には、そのままにせず、靴の中に新聞紙などをつめて風通しのいい場所で乾燥させましょう。


乾燥した後は、クリーナーなどで汚れを落とし、その後に撥水スプレーをかけてください


スニーカーは定期的に洗いましょう

スニーカーなどは汚れたら丸洗いしましょう。靴と紐は分けて洗ってください。


砂や泥が付いている場合は、先に流水で洗ってください。それからぬるま湯につけながらブラ
シなどで洗いましょう。汚れがひどい場合には固形の石鹸などを使ってください。


その後に、シューツリーがあれば、それを使って乾燥させましょう。


正しい方法で靴を保管しましょう

靴を保管する前には、汚れをしっかり落として、お手入れしてから保管しましょう。


保管するときには、直射日光が当たらない場所が理想です。


高温多湿を避けて、長期間保管する場合にはたまに外に出して風通しのいい場所で陰干しをするといいでしょう。


靴箱に保管する場合は、乾燥剤を靴に直接当たらないように一緒に入れて保管するようにしましょう。カビが繁殖するのを防止してくれます。

外国人のファッショは、日本人からみると意外な習慣もあります。日本人女性の場合、パンプスを履くときにストッキングやタイツを履かないで素足でパンプス、という人はかなり少数派。でも海外では、日本人女性のストッキング事情が奇妙に映るようです。



まとめ

いかがでしたか?


靴は正しい方法で保管することによって長持ちします。
せっかく気に入って買った靴ですから、正しい方法でお手入れして、保管したいものです。


手間に感じてしまうかもしれませんが、その一手間が長持ちのコツです。


お手入れをきちんとすればその分長持ちしますし、その間にお気に入りの靴が増えれば、さらに靴を休ませる期間もしっかりとることができますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。