納豆菌の効果とは?忙しいママにオススメ!

スポンサーリンク
 


納豆のネバネバした食感は、ご飯によく合いますし、体にもいいので、私たち日本人にとっては欠かせない食材ですよね。

私も納豆は大好きで、週に4回以上は食べていますし、子供にもよく食べさせています。

今回は、納豆について詳しく調べてみました。

ダイエット中でも大丈夫?納豆のカロリーと糖質

スポンサーリンク

まずは納豆のカロリーについてみていきます。

メーカーや商品によって味付けなどが違うので、カロリーもそれぞれ異なります。

納豆1パック(50g)あたりの平均的なカロリーは約100kcalのようです。

また、一般的な市販の納豆には、付属のタレとからしがありますが、それぞれのカロリーは以下のとおりです。

  • タレ 約6kcal
  • からし 約3kcal

では、納豆の糖質はどうでしょうか。こちらもメーカーや商品によって異なります。

納豆1パック(50g)あたりの糖質量は約2.7gほどです。

なお、タレとからしを含メタ場合は、約3.5gとなります。

納豆は健康的なイメージがありますが、ダイエット中に食べても大丈夫なものか、気になりますよね。

大丈夫です。
納豆はダイエット向きと言えます。
なぜかというと、納豆は、

  • カロリーも糖質も低め
  • 栄養価が豊富
  • 満腹感を得やすい

といった、ダイエット中の人には嬉しい要素が詰まった食材だからです。

ただし、ここで一つ注意点があります。

納豆は白いご飯と相性抜群のため、ついご飯を食べ過ぎてしまうことがあります。そうすると、摂取カロリーが増えてしまうので、気をつけましょう。

納豆に含まれるタンパク質とその量とは

続いて、納豆のタンパク質についてお話しします。

タンパク質は、動物性タンパク質植物性タンパク質の2種類に分けられます。

 


動物性タンパク質
必須アミノ酸をバランスよく含んでいるため、タンパク質をしっかり吸収できます。


植物性タンパク質
動物性タンパク質と比べて、一部の必須アミノ酸が不足しているのが特徴です。



納豆のタンパク質は、後者の植物タンパク質なのですが、一般的な植物性タンパク質とは違い、身体では生成できない必須アミノ酸9種類のほとんどがしっかり含まれているのです。

では、納豆のタンパク質は一体どれくらいあるのでしょうか。

こちらもメーカーや商品によって異なりますが、タンパク質の量は約6.2~7.85gです。

植物性タンパク質を摂りたい場合は、大豆が1番おすすめですが、その中でも納豆が一番効率よく摂取することができます。


まとめ

いかがでしたか?

調べれば調べるほど、納豆がどれだけ優れた食材なのかが分かってきますね。

納豆は、低カロリーなうえに、タンパク質が豊富で、体にとっていいことづくしですよね。

しかも、納豆は手軽に食べれるので、忙しい人にはおすすめです。

毎日の食事に納豆を取り入れて、健康な体を目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。