フランス人は化粧をしないって本当?シンプルイズビューティ!?

スポンサーリンク
 


自分のお肌の欠点を隠すにはメイクアップは頼もしい方法ですが、もともとお肌が弱い人にとっては、化粧そのものがお肌にダメージを与えるものです。

たとえば、フランス人は、あまり化粧をしないといいますが、やはりそれは素肌をきれいに見せるコツなのかもしれません。

おしゃれなイメージのあるフランス人ですが、あまり化粧をしないというと、意外な感じがするかもしれませんね。

フランス人の化粧に対する考え方と、彼女たちのメイクのコツについて調べてみました。

フランス人風スキンケアとは?

スポンサーリンク

フランス人は、日本人女性と比べると、細かいことを気にしない人が多いようです。

日本人の場合、化粧水、乳液、美容液、クリーム…という具合に正しいステップでスキンケアをきちんと行いたいと考える女性は本当に多いですよね。

一方のフランス人は、お肌を必要以上に刺激しないことを重視しているようです。

このため、洗顔するときでも洗顔料を使う人は多くありません。

そのあとのスキンケアもシンプルで、オールインワンタイプのものが人気があるようです。

また、日本よりもオーガニック志向が強く、お肌に必要ではないものを取り入れたくないという考えのようです。

フランス人女性から学ぶべきアイメイク術

フランス人は日本人よりも化粧しないという人が多いというのは、確かみたいですね。

でも、だからといって、全然メイクしないわけではありません。

メイクするときを選んで、必要な時にだけメイクをするというスタンスの人が多いのでしょう。

フランス人のアイメイクもシンプルで、ブラウン系のアイシャドウにアイラインと

マスカラというのが主流です。

日本人のように、ファンデーション、アイメイク、チーク、リップと、フルでメイクをする人ばかりではありません。

また使用する色味は、あまり派手になりすぎないものが基本です。

また、昼と夜でアイメイクを変えるという人も多く、夜は少し暗めのカラーを使うようです。

メイクもTPOによって、使い分けているわけですね。

フランス人がやっている美容法はどんなもの?

フランス人のスキンケアはシンプルなものだとお話ししましたが、具体的にどのような美容法があるのか気になりますね。

フランスといえば、オリーブオイルをよく使うことで知られていますが、スキンケアとしてオリーブオイルを使う人も多いのだとか。

オリーブオイルの効果とは

オリーブオイルは、天然由来の植物油ですが、保湿力が高く、お肌にもよいことが知られています。

お肌のバリア機能をよくしてくれたり、美白効果も期待できるといわれています。

フランス人はキッチンに常備している食用のオリーブオイルを使って、肌をパックしたりもするらしいんです。

こうすることで、体の内外から美肌作りができるということですね。

フランス人は水で顔を洗わないってほんと?

また、フランス人はあまり水で顔を洗わないと聞きます。

これは、フランスの水が硬水であるため、あまりお肌によくないためなんです。

同じ理由から毎日シャンプーしないという人も多いです。

そのため、特に乾燥肌や敏感肌の人は、メイクを落とすときにはふき取りタイプのクレンジングをたっぷり使用しています。

そのあとは化粧水や保湿クリームでお肌を保湿します。

フランス人も日本人も、スキンケアの基本は保湿であることに変わりはありません。

でも、フランス人はあれこれなんでも使いたがるというよりも、いかに無駄を少なくしてスキンケアするか、ということにこだわっている人が多いようですね。


まとめ

フランス人の美容法について、まとめてみました。

フランス人に限らず、ヨーロッパの女性には、オーガニックや植物由来のものに対する意識が強いようです。

これは、自分のお肌に余計なものをつけたくないという考えの他に、環境保護という意味もあります。

また、動物実験をしない企業姿勢やフェアトレードなど、化粧品メーカーのポリシーで、使用するコスメを選ぶ人もいるようです。

わたしたちも、商品の宣伝やキャッチコピーに踊らされるのではなく、自分の価値観でスキンケアアイテムを選ぶようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。