夫がいきなり転勤!引越し費用は会社負担が普通?

スポンサーリンク
 


夫がいきなりの転勤となると、引越しの準備や費用が気になりますよね。

そもそも、会社からの指示で転勤ということは、引越し費用は会社負担なのでしょうか、それとも自腹になるのでしょうか。

そこで、今回の記事では、夫の転勤による引越しには、どのような費用がどのくらいかかるのか、会社負担になるのか、などについてまとめました。

転勤にかかる費用の負担額は評価で変わる?自腹も覚悟しなきゃダメ?

スポンサーリンク

転勤によって発生する引越し費用に関しては、会社負担か自腹かのどちらによるべきかを規定する法律はありません。

しかし、会社によっては、就業規則や給与規程などで引越し費用について決めているところもあります。

一般的には、引越し費用の一部を会社負担で賄えるケースが多いようです。

ただし、転勤先の場所によっては、引越しすることが妥当でないという場合には、引越ししても全額自腹になる場合もありえます。

ですので、転勤先がそれほど遠方でない場合には、引越しした場合の会社負担の可否を確認してから決める方が無難かもしれません。

また、引越しの負担額は、自分に対する会社の評価によると考える人もいるようですが、基本的には会社の規程に則った計算方法で算出されるものです。

ですので、会社からの夫に対する評価で、引越し費用の会社負担のあるなしが決まるというようなことはありません。

転勤で引越しするときのお金はどれくらいかかるの?

転勤による引越し費用を会社負担で支払ってくれる場合でも、引越しにかかわるすべての費用が支払われるというわけではありません。

費用の中には、自腹になる部分もあります。

会社負担に当たる費用と、自腹になる部分について、まとめておきます。


基本の引越し費用は会社負担

引っ越し業者に支払う費用については、会社負担になるケースが多いです。

ただし、この時の費用は、引越し荷物の運搬やトラックチャーター費用と人件費に限られることもあります。

つまり、引越し業者のオプションで荷造りサービスなどを利用した場合、その分は自腹というなる場合もあります。

敷金、礼金、仲介手数料なども会社負担

賃貸物件を借りるときの敷金や礼金は、会社負担になることが多いです。
このとき、仲介業者を利用したなら、その手数料も含まれます。

その他会社負担となる費用

その他に会社が負担してくれる場合が多いのは、以下にかかる費用が一般的です。

  • 入居前の消毒費用(約1~2万円)
  • 火災保険料(2万円前後)
  • 鍵交換費用  など

会社負担にならない引越し費用

引越しにかかる費用の中には、会社負担の対象とならないものもあります。


◆特殊なものの運搬にかかる費用
例:美術品、ピアノ、ペット、観葉植物 など

それらの運搬は、引越し業者による費用でも別料金となることが多く、会社負担の対象とならないケースが多いようです。


◆新居までの交通費
新居までの交通費は、自腹になると考えておく方がよいでしょう。また、
自家用車の運搬費用についても、通常は自腹になると考えておきましょう。

ですので、自家用車も引越し先に持っていく場合には、自分で運転していく方が一番安くつくことが多いです。

もし、引越し先で車を使わないのであれば売却を考えることも必要かもしれません。


◆家具
新居で家具を新調する場合、その費用は一般的には自腹になります。

転勤を機に一人暮らしを始める人の場合、基本的な家電をそろえるだけで10万円程度は必要となってきます。ですから、家族での引越しの場合にはさらに費用が嵩むでしょう。

また、会社によっては、引越し費用の会社負担額に上限が決まっているところがあります。その場合、上限を超えた分は自腹になります。

引越し負担額の上限は、会社規則などであらかじめチェックしておくのがおすすめです。


まとめ

いかがでしたか?

夫の転勤で必要となる引越しの費用についてまとめてみました。

引越し費用が会社負担になるかどうか、会社負担額の上限があるかどうかについては、それぞれの会社で異なります。

引越しの準備として、関連する会社の規程などを調べておくことが、まずは必要かもしれませんね。調べてもわからない場合には、会社の総務課や人事課などに問い合わせてみましょう。

さらに、会社負担の対象となる項目もきちんと確認しておくことで、あとから慌てることもなくなります。

何事も早めの準備と確認が大切です。

引越し費用を低く抑えるためには、早めに対策を始めるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。